突然ですが、声を売る仕事というとどんなものを思い浮かべますか?

作者 冬野ゆな

28

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★ Very Good!!

――

ツイッターに挙げた、と書かれているとおりショートストーリーの連続だが、それがとてもテンポ良く読めたのが好印象。



特に老紳士と少年のエピソードは、不覚にもキュンときてしまった。
少しシニカルな風刺からの人情モノでの締めは、やはり刺さり方が良い。

★★★ Excellent!!!

――

「声」そのものを売る人とそのお客さんの、どこか童話的なお話です。
声売りのもとを訪れる、様々な理由を持って声を求めるお客さんたち。
その結末に、ほっこりしたり、クスッとなったり、そして、温かくなったり。
声の例えが、なるほど、と思うもので、薬の色から声を想像したり、声から、どんな色だろう、と考えたりするのも、楽しいです。

テンポよく読める文章なので、ぜひ、読んでみてください。