妙な噺を聞いた。

作者 あやめさん.com

58

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

淡々と書かれる文体に、要所要所で差し込まれるクリティカルな恐怖。

おそらく恐怖体験というものは、すべからくこうであり、日常の中の落とし穴のようにそこにある。

サクッと読めるようで、その空白の行間には様々な描写が隠れている――そんな怖さを体験できるお話でした。

★★★ Excellent!!!

――

作者さま自身の体験、および作者さまが聞いた不思議体験をまとめた作品です。

1話完結で、サクッと読めて、ゾクッときます。

実際に見聞きしたお話って、作られた小説のように"理由"がないのが、こわいです。
"ただそこにいる"や"何か感じる"話がつまっています。

★★★ Excellent!!!

――

短い文字数で気軽に読める一話完結の話。
誰にでもあるような日常に、ソレはひょっこり顔を出す。
ラストのたった一文……ソレを読むと肌を刺激する寒気にゾクリとする。

ホラー苦手な私でも気軽に楽しめる『奇妙』で『怖い』お話をあなたにも……

★★★ Excellent!!!

――

突如、日常の片隅を少し、ほんの少しだけ(二話目はそうも言ってられない大事にはなるのですが)突き破って奇妙な「何か」が顔を覗かせる。
実際に体験した人の話というのは、そういうものです。
奇妙だけど唐突で意味不明で、古典の怪談のような明瞭な因果関係も掴めぬまま、するりと通り過ぎてしまう。
巻き込まれた人間は、あわあわとわななくだけで、原因になった「何か」に手を出すことなど及びもつかない。
そんな「対処しようのない怪異」の、自宅の居間に当たり前のように妖怪でも居座っているような怖さ。
淡々とした筆致で紡がれるのが、また怖いのです……。
続きがあるのでしょうか、期待しております……。