【霊界コンタクト的天界 衝撃の恐怖 実体験版】ガチで、ガチガチ。山に捨てられた冷凍ストッカーの告白だぁぁぁああ!

作者 文庫 13

91

32人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

あまりの衝撃の大きさに、いや最後に「実はフィクションでした」というオチが来るのかな来るのかなと思いつつ、あっという間に最後まで読み進めてしまいます。

どこまでが本当で、どこまでがフィクションなのか。

その不安や恐怖がよいアクセントになって、心理的恐怖を煽ります。

え? で、どこまでが本当なの?
ま、まさか……。

★★ Very Good!!

冷凍ストッカー、女性、事件。
しかも5年前といったら冷酷残忍で報道されてたあの事件のことですが、タイトル通りガチでガチガチだったらやばい内容です。
面白いレビューを探してて気軽に読んでいい中身ではありませんでした。
今年の夏、ここに投稿されてる怪談の中で、これを読み飛ばしてはいけないレベルかもしれません。
リアル恐い体験と怖い体験を味わえる恐怖体験談となっております。

★★★ Excellent!!!

山中で見つかった死体――。
犯人がその死体を遺棄したと思われる時刻に、作者様の赤い車が防犯カメラに映っていたということで事情聴取を受けることになるのですが……ガチで怖いですね。警察に疑われているという事実が。
しかし作者様、そこは無実を証明するためのガチレポートを提出して切り抜けます。
……いやー、怖かったっ。
十分に恐怖を与えてくれたということで、★三つ――。

ではもちろん終わらなくて、メインのホラー体験はこのあとにやってくるのです。
それは、フラッシュバックする十か月前の出来事であり、しかもトンネルの絡む恐怖の出来事っひいいいいっΣ(゚Д゚) 

しかし読者として、真のホラー体験は作者様の執筆環境でしょうか。
とてもじゃないですが、私はそんな場所で小説を書くことはできません(^-^;

全編通して赤い車がキーとなるホラー体験談――うん、ガチで怖かったです(泣

★★★ Excellent!!!

作者様が経験されたことは、これもしも自分だったら……と考えずにはいられない説得力があるのですが、少しずつ見えてくる背景に隠されている本当は悲しいもので、それは幽霊さんや幽霊さんが起こすことへの見方を変えてくれるものではないかと思います。


作者様の思いが滲む文章から感じるものは、怖さだけではなく更新が楽しみな怖い物語でした。

★★★ Excellent!!!

作者さんの不思議な作風の根底が垣間見えるような作品です。そこまで霊感が強いとなると、今までの人生、不思議なことが多そうですよね。いや、むしろ、怖いことの方が多いのかもしれません。霊感を持っている方も、持っていない方も、ぜひ作者さんのおそろし体験に触れてみてくださいっ!!

★★★ Excellent!!!

あああ、他の方のレビューでも書いたけど、しくじった~、怖い話や映像苦手なのに~。

作者様の持ち味だと思うんですけど、本作に限らずひどいこと、怖いこと、凄いことが、あっけらかんと、あっさりと起こりますよね。
それって、経験者の書き方だと思うんですけど、そう考えると……今晩おトイレ独りで行けるかしらん。

技巧を凝らして怖さを盛り上げる作品も凄いけど、素材の味を活かした話も怖いですね。
なんていうか、世の中には知らないほうが幸せなことがあるのかもしれない、と思いました。