バセドウ病になりまして

作者 ホカホカご飯丸

7

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 自分もバセドウ病でした。父方の家系に何人かいたらしいのですが、僕が病気を発症してから「実は私そうだったのよ」と教えられましたが、そういう情報があればまた予想も付いたのでしょうが、昔の人は持病のことはあんまりいわないものなんでしょうかねえ。

 筋力の衰え、指手足の震えなども見られるなか、20代のころに周期性四肢麻痺を発症して病気が明らかに。それまでは病気のせいかどうかはともかくとして、太っていた自分ですので、いろんな症状に苦しんでも、「動け」「痩せろ」で切り捨てられる始末。
 メルカゾールなどを長年服用し、甲状腺も安定していたのですが、今年の初めに再発しました。

 身に覚えのある筋肉痛にまさかと思い、甲状腺の専門医院に。血液検査とエコーの結果、バセドウ病再発が確定。正常だと15gほどの甲状腺も、98gまで大きくなっていました。僕は男なので、喉仏などが邪魔をして肥大化がわかりにくいなどあったそうです。

 甲状腺があって困ることと、無くなってしまって困ることを秤に掛け、「無くなって困ることのほうが楽かもなあ」と、全摘出をすることを視野に入れた放射線治療を施すことに。
 結果、徐々に放射性ヨウ素で焼いた甲状腺は20gほどまで小さくなり、今は一時的に数値が下がりすぎる症状と闘う日々です。安定してくるとは思いますが、体も軽いし、知らず戦っていた期間も含めると、この30年ばかりが悔やまれますが、今はもうわりと元気です。

 なもので、「わかるわ~」と思いながら読みました。
 ほんと、わかる……。わかるわ~……。