美脚のエルフに履かせてみたら

作者 相良壱

29

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

脚は好きですか?
美脚は好きですか?
ストッキングは好きですか?

この作品の主人公は、なんの躊躇もなく「イエス」と答え、そして一晩中でも語るだろう。
脚の、美脚の、そしてストッキングについての愛を。
それは、神の創り出した最高の芸術であると同時に、ヒトの創り出した最高の芸術である。
この二つが合わさったとき、新たな神話が幕を開けるのだ。
かく言う私も、脚フェチだ。読まない訳がない。最高だ。

★★★ Excellent!!!

指輪ではないのです。

あるものを、いや、つまるところアレなのですがね。

うおっほん。

履かせてみたら、プロポーズですか?

私もこんな癖のある方とお付き合いしたかった。

あー、うちの夫は、照れ屋すぎて、つまらない。

だかしかし、発奮されても困りますけれども。

この先、振り返らないのか、ドキドキです。

オススメです。

★★★ Excellent!!!

俺はこれが好きなんだあぁぁぁぁぁっ!!
と言える情熱。それがあることは素晴らしい。
そんな情熱の塊みたいな作品です。
レッグウェア、特にサイハイソックスとエルフをこよなく愛する相良壱様が、その情熱を余すところなく注ぎ込んだ作品です。この熱意だけで読む価値あり。
でも、それだけじゃないですよ。
妙に冷静に対応しちゃってる主人公のズレっぷりが、実は異世界トリップ物の「あるある系お約束」へのツッコみになっているという二重構造。
異世界トリップのテンプレートが嫌いという人でも楽しめるんじゃないかと思います。
ぜひ、ご一読ください。