第19話

ファロの指が中を探っている。弱いところにぶつかると、知らず知らずのうちに脚が突っ張った。我がもの顔で体中を舐めまわされたり、赤い痕を残されると、今更ながらこの男のものになったのだと自覚する。

それならこの男は自分のものになったはずなのだから、自分も触れてみたいと積極的に思った。ファロの服を脱がせにかかると、ファロがちょっと驚いた顔をしたが、止められなかった。服を一枚一枚剥いでいき、首筋に舌をはわせる。自分のよりもずっと男らしい筋肉のついた首筋に、何だか興奮した。

ショウタが積極的な姿勢を見せたことにも煽られたのか、ファロが性急にショウタを求める。もう立ち上がって張り詰めたそれを、ショウタの窄まりにひたと押し当てた。ぐっと突き入れられたときに、思わず目の前の首筋を噛んでしまう。

こわばった瞼を恐る恐る開けると、ファロの髪も目も燃えるように赤くなっていた。


「……あっ」

唐突に揺さぶられ、背中に回した手に力が入る。知らず知らずに体全体に力が入ってしまい、ファロにしがみ付くような姿勢になってしまった。

「ショウタ、そんなにしがみ付かれると動けない」

「ぁ、だって、……ん、むりっ」

自分の体が自由にならない。もっと力を抜かなければと思えば思うほど、変にこわばってしまう。


ファロは腕力にものを言わせ、無理やりショウタの弱いところを突き上げた。

とたんにびりびりと体を電流が走り、腰をホールドしていた脚が宙を蹴る。ファロは自由になった腰を強引に押さえつけて、熱くて狭い隘路を堪能した。

「ぁあっ、あっ、あっ……い、いいっ」

内側から溜まる熱が、行き所を失ってショウタを狂わせる。あまりの快感にめまいすら覚えて、もうファロにしがみついていられなくなった。ベッドに体を沈ませて、少しでも快感を逃そうと背中をそらせる。でもいつになく猛っているファロは、少しも注挿を緩めてくれなかった。だんだんと脳内まで痺れてきて、前後不覚になっていく。


「あっ、ああっ、ね、ファロ、もう、もういって……っ」

これ以上されたら、おかしくなりそうだ。

限界だ、と思ったときには先に放出してしまっていた。体にぎゅっと力が入って痙攣しても、ファロは構わずに揺さぶってくる。

「――――っあ」

頭が真っ白になって、何も考えられなくなっていく。上り詰めた高みから降りることができない。

ファロはちゅっとショウタの唇に舌を差し込み、口の中を味わうように楽しんだ。奥の奥まで滑り込んで、そこでようやく果てる。衝撃で跳ねる体をひっくり返され、今度は背面から侵入された。徐々に力を取り戻してくるもので何度か揺すられると、先ほどとは当たるところが違って、また頭を振って感じ入る。


「ああっ、ファロ……いいっ」

「最高だ、ショウタ」

もうあまり認識できなくなった脳内にささやき込まれ、息がかかった首をすくめる。この従順な体をもうしばらく楽しもうと、ファロはショウタの腰を抱え直した。背面から突き上げられると、白い背中がしなやかに反る。感じすぎる体をどうにかしようと、枕を手繰り寄せて抱きしめた。顔が見えないことに少し寂しさを感じる。


「あっ、あっ、いっ……」

枕にしがみ付いていても、くぐもって声が漏れた。ファロは奥の奥まで突き上げて、そこをぐりぐりと刺激した。

「ひゃああああっ」

たまらずにショウタが二回目の放出をする中で、自分も果てる。こうやって何度も体を重ねていく度に、ショウタの体はゆっくりと変えられ、やがてはファロの子どもを宿すようになるのだ。そう考えると、腹に出されたものに愛おしさが込み上げて、無意識に腹に手を当てた。


「……っ、お前は……っ」

ぐったりと力の入らない腕と脚をとって、中に入れたままもう一度正面を向かされる。腹の中がぐりっと刺激されて、体が跳ねた。涙を流して感じ入っている顔を大きな手で捕われて、呼吸ごと奪うみたいに深く口づけられる。まだ体に力が入らなくて、されるがままになっている。

「もう少し付き合え……」

絶対にもう少しじゃ済まないと分かりつつ、ショウタはこくっと頷いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます