わたる異世界は穴ばかり

作者 カクヨム運営公式

全てが穴に帰結する!

  • ★★★ Excellent!!!

いくつもの伏線が散りばめられて、それらが回収される最終章が快感にも似た心地よさを演出してます。
物語で重要になってくるのが、黒い穴。
その穴はりえりーさんの数舜前までいた場所に出現するのですが、その際に黒田穴太郎が意味ありげに登場するのです。
その伏線の意味を知った時、感動で涙が止まらなくなりました!

徹底されたバックボーンがあり、異世界ならではの設定と相まって、物語がある種のミステリーと化してます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夕日 ゆうやさんの他のおすすめレビュー 395