無表情な殺し屋少女は驚くほど鈍感でした

作者 紗凪

12

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

文庫本を連想します。
特にだからどうというわけでは無いのですが(近況ノートに散々好き勝手書いてしまったので)
読みにくいところもなく、可もなく不可もなく、といった感じです。
強いていうなら、紗凪さん自体の売りというか個性が欠けているような気もします。
とりわけ目を引いたのが現代風の会話でしたので、どうもそれが無くなっちゃうと、物足りないですね。

★★ Very Good!!

――

タイトルとキャッチコピーが魅力をわかりやすく伝えているので、ピンと来たらまず読んでみてはいかがでしょうか。

恋なんてきらきらしているべき感情にまで、殺し屋という重みがのし掛かる苦悩。
スピード感ある戦闘シーンを挟みながら、シリアスに突き進むストーリー。

最初は淡々と任務をこなすだけだったコトハが変わってゆく先で、最後に掴む結末を見守りたい作品です。