駄作バスター ユカリ

作者 板野かも

222

81人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 心の中で土下座しました。大地に頭を何度も打ち付けました。

 ネット上で小説を書いたことがある者として、これほど強烈な小説はありません。
 やはり、評価をいただけないのには、理由があるのでしょうね。

 駄作を切り裂く、式部さんの「推敲」。その恐ろしさに、ふるえ上がりました。しかし、是非一度、根性を叩き直していただきたいと、思わずにはいられませんでした。

 書き手として、とっても役に立つお話です。胸が苦しくなるほど。
 おすすめです。

★★ Very Good!!

斬新な発想、面白い設定。恐らく同じアイデアで書いたとしても、私はこれほど綺麗には書けないだろう。

『駄文から妖怪変化が生み出される。それを推敲で退治する』

どうやったらこのコンセプトは発想されるのだろうかと、読みながら考えたが、皆目検討もつかなかった。

なにより圧倒されたのはプロローグの文章力。古典などに明るいのか、それとも調べ上げたのか、このままの調子で時代劇に入ってしまうのではないかと思えるほど見事でした。

浮遊霊が本を持ってページをめくり読めるのか? 眠るのか? など細かな疑問はあるものの、確かに彼が同級生などと話すシーンは無かったし、先生に指名されることも無かった。彼が人間であると語られることはなく、自然と人間であると読み手側が思い込んで読まされていた。

タイトルはなぜか安直というか格好いいものではない。お節介ではあろうが、そこだけが残念であり、チャームポイントでもあるのだろう。

★★★ Excellent!!!

和風アクションのような清々しさでサクサク読める文の中に、ゆかりさんの切れ味抜群のアドバイスがしっかりと組み込まれています。
読んでいると普通に楽しい一方で、あぁー自分やっちゃってるな……という耳の痛いお言葉も。
物語としても教科書としても多くの人に読んでいただきたい一作です。

★★★ Excellent!!!

とにかく読んで気合い入りました!
自分の作品に向き合うって大変なのを、改めて感じることができてとてもありがたい作品でした!
ユカリさんに退治されないように精進せねば……!
いやもう退治されてるかな。う……っ。(;´д`)

★★★ Excellent!!!

読んでて、アニメ映像がパッと浮かんできます。
アニメはあまり観ないですが、3話のパトルシーンは大迫力で、僕の頭の中で爆風が吹き荒れ、まさにアニメを観ているようでした。

★★★ Excellent!!!

未熟な小説家が書き散らした駄文から生まれる化け物を、華麗に文字通り筆一本で対峙するこの作品。

物語としてとても面白く、楽しめます。
一方で、自分の書いた物語もこんなモンスターを生み出していたらどうしよう……と心配にもなりますが。

ところどころアマチュア作家には突き刺さる個所もありますが、それもまたこの作品の醍醐味。魅力ある棘たちを是非ご堪能ください。

★★★ Excellent!!!

現代のweb小説の中身を揶揄する話は数あれど、こんなに楽しく読めた作品は初めてでした。

まず、キャラクター各々がとてもチャーミングです。

ただ毒舌なだけではなく、「紫式部」というバックグラウンドで一つ一つの言葉に重みのあるユカリさん。台詞一つ一つに説得力があり、読者の代弁者たる主人公がめちゃくちゃに罵られているにも関わらず、上品な言葉遣いとあまりの斬りっぷりは非常に小気味いい。

小説を書く人なら誰しも身に覚えのある自信過剰さを持った主人公「僕」。web小説読者は非常に感情移入しやすいキャラクター造形だと思います。読者層にぴったり合ってる感じ、計算だとしたらすごいです。そうじゃ無くてもすごい。

加えて、豊かな語彙とテンポのいい会話で非常に「読ませる」文でした。ストーリー構成も見事で、ぐいぐい引き込まれました。

いい意味ですごく「web小説っぽい」作品だと思います。
商業だとこの雰囲気は味わえないですよね。

続き、楽しみに待っています。

★★★ Excellent!!!

お昼休みをすっ飛ばしてレビューしたくなった。

つまり、そのくらい面白い作品だって言いたい。

私は序章をたまたま飛ばして読んだ。
ほんの気紛れだったんだ。

でも、それが良かったのかもしれない。

今読んで良い意味で騙すつもりで書いてるな……そう睨まざるを得ない。
序章でブラバした人は非常に勿体ない。
これ超面白いですよ。

もうズバズバと中学生に容赦ない罵声を浴びせるユカリさんの魅力に一気に引き込まれるし、こんなの笑うなって言うのが無理www

これからの続きが非常に楽しみな作品です。
3回笑った私の負け。

是非とも序章の重厚感に騙されることなく本編を読んでみてください!

特に異世界Fを書いている作家さんには是非とも読んで欲しい!

PS:文章のテンポ・リズム・会話全てがツボでしたw

★★★ Excellent!!!

昨今溢れるWEB小説に対する風刺。
ここに有名な古の作家である紫式部をブチ込むという発想が秀逸。
多くの作品を残している板野さんだからこそ書けるようなものだと思います。
話自体も、ただ扱き下ろすような言葉だけの批判という名の暴力ではなく、きっちり次につなげるような持って行き方にしている。

ただ暴力でぶつけても不幸にしかならない話題なだけに、無事に荒れずに走り抜けてくれることを祈ります。