駄作バスター ユカリ

作者 板野かも

324

114人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

タイトルに「駄作バスター」とつけるのは大変な勇気がいる。「ほぉ、そういうオマエはなんぼのもんか見せてもらおうか?」だの「お前のだってつまらないじゃん。人のこと言えるのかカスがッ! 読んでないけど」という人がわんさか湧くに決まっているからだ。それを知っていての挑戦、宣戦布告。物語は怒りや悔しさ、やりきれなさ。あるゆる感情が文字となって雪のように降っていく。それでいて読み終わった後の、抱きしめられて背中を撫でられたような、真っ白でしんとした安らぎは何だろう? これは「それでも書かずにはいられない」そんな業を背負ったごくわずかな者たちへの叱咤激励でもあるし、悲しいレクイエムでもある。この作者の腹のくくり方、覚悟の決まり方ときたら! カーッ! 超絶カッコいいやんけ! もう読んで読んで。

★★★ Excellent!!!

私も駄作生みの1人として資格はあると思うんですよね。ああっ! しまったァ! 西日本担当は少納言サヤコだった。ヤバイ! 断筆されてしまうやん!

と、言う訳で傑作小説としても創作論としても読める稀有な作品です。しっかり読み込めば自作の執筆技術も上がる事でしょう。右から左に読み飛ばしてしまっては勿体ないですよ!

面白い小説が読みたい人も少しでも自分の執筆技術を上げたい人にもオススメです。面白く読みながら色んな事が学べますよ。お得!

★★★ Excellent!!!

駄作バスター ユカリ。このタイトルだけで、初見の読者にもこのお話がどういうものかが容易に想像出来るというものだ。

初見の人に、容易に想像させる事の凄さを、創作をかじる者なら決して軽んじてはいけない。

文字だけで自分の物語を表現する事は、ある意味では文字を使う事の際限が無いという事であり――その区切りの判断は作者に委ねられる。
それが編集者も居ない個人が書く、アマチュアウェブ小説界なら尚更に。

それはアマチュアウェブ小説界に於ける利点であり、同時に魔窟足らしめる、正にそこで活動する多くの作者が気に掛けるべき点なのでしょう。

何処の表現に力を入れるのか――。
そしてそれが、読者に伝えたい事を伝える為の表現になれているのか――。

ユカリさんは作中で数々のポンコツ小説を推敲しそこから昇華への道を示すのだけど、彼女のそれに伴う言葉の一つ一つがとても手っ取り早くて簡潔で、分かり易い。

だからそんなポンコツ小説を書いたポンコツ作者にも、スッとその心に伝わるのである。
凄い、凄いぞユカリさん。

勿論スッと心に伝わったからといって、すぐにそれを実践出来るようになる訳では無い。

しかし! あくまでユカリさんの推敲は厳しくも優しく、誠心誠意相手との対話に向き合ったもの……。だからその思いが伝わったその後の皆も、前向きに頑張ろうとしていく姿を見せてくれている。

美人で、しかし自身の言葉を過度に飾り付けようとしないユカリさんのスタンスは、自分の推敲に紛う事なきプロの意識を持っているからこそかもしれないですね。

★★★ Excellent!!!

web小説を投稿している主人公の前に突然現れた美女・式部ユカリ。駄作が生み出した魑魅魍魎を推敲によって退治するのは、作中に登場する物語だけではありません。私は読んでる最中、何度も心から血反吐を吐きそうになり増した。
ユカリ先生の御言葉が刺さること、刺さること。ユカリ先生の御言葉に一度も痛みを覚えない物書きなど、この世に存在するのでしょうか……。

心に深手を負いつつもユカリ先生の活躍を読み進めてしまうのは、彼女の言葉は辛辣であっても、物語を書きたいという思いだけは受け止めてくれるから。そして何より、ユカリ先生の活躍が、これぞまさに全物書きのお手本ともいうべき面白さに満ちているから。

ユカリ先生の言葉が刺さっただけ、覚えた痛みだけ、成長のチャンスがある。読後は、嵐の後の晴れ渡った青空のような清々しい気持ちになれること間違いなしです!

★★★ Excellent!!!

駄作が生み出す魔物を『推敲』で退治する謎の美女・式部ユカリ――冒頭から華麗な戦いを繰り広げる勇姿に魅せられてから、すっかり彼女の虜となってしまいました!

巨大な筆を武器にユカリさんが放つ辛口な斬撃の数々は、小説を書いている者なら耳にも心にも刺さるものも。
私も読みながら覚えがありすぎて、登場する作者達と共にばっさり斬られました。

しかし、心砕かれても胸に残るのはこの上ない爽快感。
何故なら彼女の言葉は辛辣でも、根底には確かな愛があるからです。

ただ闇雲に批判し駄目出しをするのではなく、彼女は作品の弱点や盲点、そして読者を置き去りにする作者の独りよがりを冷徹且つ的確に指摘し、より良い作品作りへと導いてくれます。

私も魔物を生み出しているのかも……と震えつつ、いつかユカリさんが来てくれないかなぁ……と期待してしまいました。

斬られる痛みと引き換えに創作意欲を鼓舞し、爽快感の中に優しさが感じられる作品です。

★★★ Excellent!!!

――極まったエゴは悪意となって昇華される。

小説を書くものであるのならば、一度ならず二度までも抱いた事があるであろう「小説の矛盾」というものを、バッサバッサと""筆""で切り捨てるこの小説。
ああなればこうなる、こうすればああなる、という小説の根本的な作法というものを妖怪退治という形式でテンポよく分かりやすく伝えている。

ただやり方を批判するだけにあらず、こうしたらどうなる?というように次へ繋がるようなポイントを教えているのもよい。

小説家になろうとしているのなら、一度は読んでおくべき作品だと思う。

★★★ Excellent!!!

 心の中で土下座しました。大地に頭を何度も打ち付けました。

 ネット上で小説を書いたことがある者として、これほど強烈な小説はありません。
 やはり、評価をいただけないのには、理由があるのでしょうね。

 駄作を切り裂く、式部さんの「推敲」。その恐ろしさに、ふるえ上がりました。しかし、是非一度、根性を叩き直していただきたいと、思わずにはいられませんでした。

 書き手として、とっても役に立つお話です。胸が苦しくなるほど。
 おすすめです。

★★ Very Good!!

斬新な発想、面白い設定。恐らく同じアイデアで書いたとしても、私はこれほど綺麗には書けないだろう。

『駄文から妖怪変化が生み出される。それを推敲で退治する』

どうやったらこのコンセプトは発想されるのだろうかと、読みながら考えたが、皆目検討もつかなかった。

なにより圧倒されたのはプロローグの文章力。古典などに明るいのか、それとも調べ上げたのか、このままの調子で時代劇に入ってしまうのではないかと思えるほど見事でした。

浮遊霊が本を持ってページをめくり読めるのか? 眠るのか? など細かな疑問はあるものの、確かに彼が同級生などと話すシーンは無かったし、先生に指名されることも無かった。彼が人間であると語られることはなく、自然と人間であると読み手側が思い込んで読まされていた。

タイトルはなぜか安直というか格好いいものではない。お節介ではあろうが、そこだけが残念であり、チャームポイントでもあるのだろう。

★★★ Excellent!!!

和風アクションのような清々しさでサクサク読める文の中に、ゆかりさんの切れ味抜群のアドバイスがしっかりと組み込まれています。
読んでいると普通に楽しい一方で、あぁー自分やっちゃってるな……という耳の痛いお言葉も。
物語としても教科書としても多くの人に読んでいただきたい一作です。

★★★ Excellent!!!

未熟な小説家が書き散らした駄文から生まれる化け物を、華麗に文字通り筆一本で対峙するこの作品。

物語としてとても面白く、楽しめます。
一方で、自分の書いた物語もこんなモンスターを生み出していたらどうしよう……と心配にもなりますが。

ところどころアマチュア作家には突き刺さる個所もありますが、それもまたこの作品の醍醐味。魅力ある棘たちを是非ご堪能ください。

★★★ Excellent!!!

お昼休みをすっ飛ばしてレビューしたくなった。

つまり、そのくらい面白い作品だって言いたい。

私は序章をたまたま飛ばして読んだ。
ほんの気紛れだったんだ。

でも、それが良かったのかもしれない。

今読んで良い意味で騙すつもりで書いてるな……そう睨まざるを得ない。
序章でブラバした人は非常に勿体ない。
これ超面白いですよ。

もうズバズバと中学生に容赦ない罵声を浴びせるユカリさんの魅力に一気に引き込まれるし、こんなの笑うなって言うのが無理www

これからの続きが非常に楽しみな作品です。
3回笑った私の負け。

是非とも序章の重厚感に騙されることなく本編を読んでみてください!

特に異世界Fを書いている作家さんには是非とも読んで欲しい!

PS:文章のテンポ・リズム・会話全てがツボでしたw

★★★ Excellent!!!

昨今溢れるWEB小説に対する風刺。
ここに有名な古の作家である紫式部をブチ込むという発想が秀逸。
多くの作品を残している板野さんだからこそ書けるようなものだと思います。
話自体も、ただ扱き下ろすような言葉だけの批判という名の暴力ではなく、きっちり次につなげるような持って行き方にしている。

ただ暴力でぶつけても不幸にしかならない話題なだけに、無事に荒れずに走り抜けてくれることを祈ります。