物書きのための校正眼

作者 逢坂千紘

日常をより面白くする手引き

  • ★★★ Excellent!!!

校正という視点から綴られる『言葉との向き合い方』は、作者個人の感性や感想が交えられていて、読み物としても楽しめる逸品になっています。

作者は一貫して「ああしろ」「こうしろ」と主張しません。
「こういう見方や考え方があります」と伝え、読者に選択肢を提供してくれます。
ですので、「これがルールだ!」と押し付けられることを望む方には向きません。

小説家さんも、読書好きも、そのどちらでもない方でも、これを読めば言葉の世界の奥行きを広げてくれます。
是非ご一読ください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

nomaDさんの他のおすすめレビュー 7