物書きのための校正眼

作者 逢坂千紘

83

32人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

校正という視点から綴られる『言葉との向き合い方』は、作者個人の感性や感想が交えられていて、読み物としても楽しめる逸品になっています。

作者は一貫して「ああしろ」「こうしろ」と主張しません。
「こういう見方や考え方があります」と伝え、読者に選択肢を提供してくれます。
ですので、「これがルールだ!」と押し付けられることを望む方には向きません。

小説家さんも、読書好きも、そのどちらでもない方でも、これを読めば言葉の世界の奥行きを広げてくれます。
是非ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

プロのテクニックが無料で見られる。とんでもない時代になったものです。正直これをタダで読ませていただいていいのか、なんか裏があるんじゃないか……と勘ぐりたくなるレベルです。

小説の書き方、といったような創作論は枚挙に暇がありませんが、このように「校正」に主眼を置いた実践的なものというのは意外と珍しいのではないでしょうか?
私が知らんだけかもしれませんけど……

ストーリーが面白いこと。それが何よりも大切なのでしょうけども、それをスルスル~っと引っかかりなく読ませるためには、やはりテクニックが重要になってくるのだな、と改めて感じました。

特に校正の例題をご用意してくださってるのが大変いいですね!
目を凝らして挑みましたけど、何個も校正が必要そうな箇所を見逃しちゃいました! 
ぜひ、みなさんも挑戦してみてくださいまし。
インド人を右に!