瞬光の時

作者 織辺 優歌

39

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!


 女性の持つ愛情の業がいかに深いのか勉強になった。
 男性の視点ではなかなかこういった作品は書けない。

 主人公の揺れる気持ち。
 対処に困る相手男性。

 それらに触れるたびに作品世界に没入しました。
 主人公女性に救いは本当に訪れたのか?
 これからはどうなるのか?

 完結後の様子も想像し、主人公の今後が幸せであるよう祈った作品です。

★★★ Excellent!!!

倫子の愛人村上さんと不倫相手の橋本さんの間で揺れ動く不倫劇を描いた作品です。上手く主人公の倫子さんの心理描写が描かれており、現実にこんな事が起きたら…なんて思いながら読んでしまうのではないでしょうか?

物語が進むことにつれ、不倫をした自分へと罰が跳ね返ってきます。まさかあんな事になるなんて誰が想像したでしょうか?(ネタバレを含むので、控えさせてください!)

改めて完結おめでとうございました。
不倫と言う興味を持つ方なら一度は読んでいただきたい、そんな作品であります。

★★★ Excellent!!!

全47話、完結済。
不倫を題材にしながらも、感情移入しやすく、主人公の倫子さんの人柄に思わず現実を重ねてしまうのではないでしょうか?

倫子さんを軸に他のキャラクターの気持が複雑に入れ混じって、まるで昼ドラを見ているかのような感覚になるのは不思議とハラハラしてしまう…そんな作品です。

ラストは倫子さんの成長が伺えるそんな展開です。

完結、お疲れさまでした。

★★★ Excellent!!!

倫子の愛人村上と夫(元)橋本の間で揺れ動く心情がうまく表現されています。

愛人村上に求める愛が本能的ならば橋本に向ける愛は理性からの愛か?
不倫と言う名の本能が求める愛と理性が求める愛とのせめぎあい、これが女性の性(さが)なのだろうか?

普通の恋人関係ならばならば本能的な愛と理性が求める愛は一体となってしかるべきもの。不倫ゆえの葛藤か?あるいは元々別に存在しうるものなのか?いろいろ考えさせてくれる作品。今後の展開が期待されます。