竜の骸布

作者 阿部屠龍/ウル

閉じた世界で、終わっていく人々の、圧倒的存在感

  • ★★★ Excellent!!!

郡を抜いた文章力と、裏付けとなる現実の知識に支えられた、圧倒的な終末感が、この作品にはあります。
空想上の存在である竜と、実在する事柄の混交、そして丁寧に成される心理描写により、ファンタジックな世界は徐々に現実の様相を呈していきます。
そうして失われる幸せには、胸を締め付けられる様で……この作品の存在感には、感心させられるばかりです。
皆さんも、是非読んでみて下さい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

NewCeteras17さんの他のおすすめレビュー 6