遺書

作者 キュバン

真夏に読む寒い日の惨事。

  • ★★★ Excellent!!!

自主企画から目に入ってお邪魔しました。
(私は企画に参加しておりません、放浪していて出会っただけです)


小説の説明文がとても気になり、私はどうやら導かれてしまった側の人のようです。
読後のこの何とも言えない感覚。
炭酸がシュワシュワと喉に残るような飲み込めない味わい。
真夏に扇風機もつけず一気に読んだので
ホラーぽさがふんだんに立ち込めています。


人物の切り替わりがなんのアクションもなく行われるので
最初は少しわかりにくいかもしれませんが
『遺書』読めて良かった、と思いました。

フィクションだそうですので
怖がらずにどうぞ一読を。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

E嬢さんの他のおすすめレビュー 109