夜を歩く

作者 夏野けい

微睡みの中に居るような魅力的な彼女

  • Good!

鴇色という日暮れの色にやられました。
素敵な映像が頭の中で再生されました。
年の割には幼さかな?を残す彼女が魅力的でした。
その彼女とピッタリと息が合うような彼もなかなか。
ふたりの物語をまた違うシチュエーションで読みたいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

黒崎澪さんの他のおすすめレビュー 7