龍を壊す

作者 増黒 豊

40

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

硬い文で綴られる、ダークファンタジー。容赦なく人が死んでいきますが、きれいごとじゃない魅力が詰まっています。特に龍や鳳凰の造形などがその表れで、秀逸です。
あと余談ですが、地の文から司馬遼太郎がお好きなのかなと、ちょっと思いました。

★★★ Excellent!!!

一切の無駄がそぎ落とされた、硬質な文章。そして主人公の那太。とにかくかっこいい。那太も、作者さまも、余計なことは一切語らない。であるがゆえに、読者の想像はかきたてられる。那太に、那太の仲間たちに、彼らが旅する世界そのものに魅せらずにはいられない。

★★★ Excellent!!!

人々は、龍と鳳凰、二つの民に分かたれている。

争いに敗れ、小さな村で密やかな暮らしを送る竜の民の少年・那太。
突如村に現れた略奪者によって、彼は絶望の底へと叩き落される。

全てを奪われ、憎しみの中生きる那太の姿が、しっかりとした筆致によって、ありありと浮かび上がる。

ありきたりな設定、共感の持てないチートな主人公。
Web小説界に於ける「テンプレート」を真っ向から粉砕する本作。

暗いながらも、地に足をつけ必死に生きる登場人物らの姿に、きっと勇気をもらえるだろう。

★★★ Excellent!!!

……と、言えばいいのかどうなのか……いやでもこの一言でわかっていただけると思うんですよね……
男らしい!かっこいい!!そして呼び起こされる我が身に眠る中二の魂!!
いや、決して悪い意味で言っているわけではなく。本当に。心からの賛辞として。

緻密な設定が鮮やかな世界観ながら、「細けぇことは気にすんな!俺についてこい!」鮮血ブシャー!!……みたいな、心地よい強引さもある。
それゆえに血湧き肉躍る。
幼少の頃、ちょっとダークな世界観のファンタジーゲームで興奮していた方なら、この気持ち、わかっていただけると思います。
とりあえず、読んで。
そして呼び覚ませ……汝が魂に眠りし紅き龍を……

★★★ Excellent!!!

小説家になろうの方で読む専門で長らく居りましたが、カクヨムさんにも登録してみました。

早速、凄い作品に出会ってしまったものです。
現実の歴史背景に即した緻密な世界設定、登場人物の繊細な心理描写、そしてダイナミックなアクションシーンが、端的な文体の中に無駄なく敷き詰められている様に脱帽します。

主人公達の私的な思いと、政府や世界という公的な流れが交錯し、その交差点ごとに上手く、期待の持てる謎が敷かれています。
読者自身が主人公達と一体となり、点と点を繋ぎ、線にする喜びを感じられる秀作です。

他の方のレビューにもありましたが、読み良いライトなファンタジーものが氾濫する昨今の流れを一蹴するような痛快なハードボイルドファンタジー。
夢も希望も無い殺伐とした世界の中で生きるからこそ、その喜びがなお現実的なものとして浮かび上がります。

物語は、こうでなくっちゃ。

★★★ Excellent!!!

迫力ある戦闘シーン、そして『女王の名』を描いた増黒先生の、ファンタジーがここに!
格好良いの一言です。

「生きることを、喜べ。死ぬことを、望むな」

物語の世界は、龍と鳳凰によって造られた。争うも、鳳凰が戦いに勝つ。龍は封印されてしまった。
そんな中、人々が誕生した。
人間は、二つの神々の戦いを自分たちの手で描こうとしたのです。
戦いが幾度となく続き、時が過ぎ去り、人々に宿る神の血は薄れていった。
それでも、人々の争いは途切れなかった。


主人公の青年もまた、龍の力を持っています。
そんな彼の住んでいた村は、全滅してしまい、青年だけが生き残ってしまった。
青年は、一人取り残されます。

この話は、青年の生きる意志が織りなす物語です。
生きる意味とは……誰にために、自分のために?
それは、この作品を読みながら、自分に問いかけてみてください。


 龍の神も、鳳凰の神も、眠りながら、見ている。
 人の、血で血を洗うような業を。


登場人物の生き様を、世界を、とくとご覧下さい。
(巫女ちゃんが、すっごく可愛いです。)

★★★ Excellent!!!

龍と鳳凰が地盤を支える世界で繰り広げられる、極太王道ファンタジー。

私が何故歴史が好きなのかといえば。
そこには、良い男、良い女がごまんといるからです。

それと同じく。
この作者様の描く登場人物は、なんと良い男、良い女が揃っていることか!

まだまだ序盤の序盤!
ここからどう、那汰が『生』を取り戻すかが楽しみです!

★★★ Excellent!!!

一般的にネット小説のファンタジーと言えば、ドラクエやFFをイメージさせる中世ファンタジーが多いと思いますがこの作品は和と中が入り混じった全く新しいファンタジーとなっております。
珍しいのは世界観だけでなく、作者の独特な感性により生み出された龍と鳳凰の姿は、皆様がイメージしている龍と鳳凰の姿を大きく塗り替える事間違いないです。
設定は重めでキャラクターも練りこまれており、読み応えのある一作です。
是非新たなファンタジーの扉を開いてみてください。

当作者の作品はアクション描写が非常に上手く、他作品の「女王の名」はそれを存分に味わえる熱いバトルと濃厚な歴史物語です。よろしければこちらも是非ご覧下さい。