蝉の夏

作者 藺草マア

17

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

かなり読み込んだ気はするのだが、
作者が込めた思いや比喩のすべてを拾いきれたとは思えない。
だが、どこを切っても、美しく、しかしながら哀しい。

時間が淡々と過ぎて行く中で、
二人の男女はくるくると、
ほんの少しの距離をとったまま動き回る。

物理的にはほとんどゼロ距離なのだが、
どうにも少し距離がある。
二人が17歳と18歳であると考え至った時に、
それがひどくもどかしく、青々しく見えた。

蝉と蛍。羽化してからの命の短き夏の虫。
二人はどこか近くて、しかし……。