パパ

作者 柳屋文芸堂

37

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

 まずは「ひとり1つの最高傑作」企画への参加ありがとうございます。

 レビューですが、あまり多くは語らないほうがいいですね。これは読んだ人にだけ分かるいいお話でした。簡素だけど、静かにストーリーは進んでいて、ああ、そういうことかと登場人物の関係性が分かってもなお、驚くというよりも妙に納得させられるような自然な流れが、小説そのものの雰囲気を暗くさせすぎず、むしろ温かさを感じました。
 掌編小説とはかくあるべきというようなものを読ませていただきました。ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

無邪気な私と私と丁寧に優しく接するパパ。
街の人もお手伝いに来てくれる人も、みんな優しい。
優しくて空は綺麗で、けれど、決して表現しきれなくて。
その、細かなもどかしさが、哀しくもある。

哀しいお話ではないのに、きっと幸せな物語であるのに、
読み終わっても涙が止まらない。
この涙が、どんな意味を持つのか。
余韻と共に考えたい。