うかうかとしてはネツトの大海に呑み込まるべし砂粒のごと

【読み】

 うかうかとしてはネツトのたいかいにのみこまるべしすなつぶのごと


【大意】

 うかうかしているとこのちっぽけな身は、砂粒のようにインターネットの大海に呑み込まれてしまうに違いない。


【附記】

 インターネットを海にたとえるなら、そこにあふれ返る言葉が水に相当するのであろう。その比喩につきあうなら、そこで目を見ることになるのかもしれない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます