わが友はいづれなりやと尋ぬれば置き去りにせし記憶なりけり

 わがともはいづれなりやとたづぬればりにせし記憶きおくなりけり


【大意】

 私の友はどこにいるだろうかと問うてみると、それは置き去りにしてきた自分の記憶(の中に存在する)なのであった。


【解説】

 眠れない夜のつれづれに、というわけではないが。いまもむかしも私は寝つきのよさを誇っている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます