詩の鑑賞

作者 湿原工房

鑑賞8 正確な狂い(渋沢孝輔「水晶狂い」)」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 序文(といっていいのかどうかわからないのですが)最初の1,2段落の文がたいへん素晴らしかったので、その部分に対しての「応援」です。

    「水晶狂い」とその解釈については、これからじっくり読ませていただき、そして考える楽しみとしたい、と思います。

    作者からの返信

    理柚さんありがとうございます。

    私は文章を陶酔的に書くので、恐縮にもこうしてほめてもらえるととても嬉しいです。

    今回のは、以前から途中までは書いていたのですがなかなか筆が進まず、ずいぶん苦しみながら書きました。行を追っていく段はやや混乱した感じになっていますが、冒頭の部分は、私自身もちょっと気に入っています。

    2018年10月10日 22:55