第5話

 強烈な記憶の濁流に翻弄されながらも目を覚ます。ひどく寝汗をかいていた。気温は高めだが暑いというほどでもない。


 嫌な夢を見た。が、スカーレットに話すわけにもいかなかった。


 当時のことを、彼女は覚えていないからだ。一応俺の口からは説明したし、納得もしていた。最初の頃は泣いていた彼女も、二年ほどたったあたりで吹っ切れた様子だった。


 視線を横に移す。彼女の姿が見えない。


「おい、レット」


 鳥たちの鳴き声がうるさく、彼女を呼ぶのには無理があった。


 毛布を片付け、荷物をまとめた。バッグを背負い込むと、地面を見ながら歩き出した。


 小さな足跡が続いていたからだ。どこに行ったのかはわからないが、この足跡を追っていけばたどり着く。


 野営をした際、起床時にスカーレットがいないことは多い。


 足跡を追って森の奥深くへ。光が届きづらい森なのに、一筋の光が天上から差し込んでいた。そしてその光の下で座り込み、小型の魔獣や動物たちと戯れる彼女がいた。


 こうしていると聖女というに相応しい佇まいだ。線が細く華奢な身体、白い肌は太陽の光を反射する。「ほう」と一息ついてしまうほどに美しかった。


「フェル、起きたのね」


 こちらを見てそう言った。動物たちは蜘蛛の子を散らすに逃げていってしまった。


「ああ、また勝手に出歩いたのか。なにがあるかわからないからやめておけと言ってるだろ」

「だから私は毎回言ってるじゃない。私なら大丈夫よ。魔獣も人も退けるわ」

「だろうとは思うが心配だ」


 歩み寄って抱きしめた。


 殺人鬼で食人鬼。だというのに愛してしまっている。いや、愛だけではない。彼女の祖母から任されたというのもある。いろんなものが混ざり合いすぎて、なにが本当で、なにが主体なのかさえもわからなくなってきていた。


 なによりも、スカーレットしかいなかったのだ。何年も何年も彼女と一緒にいた。だからもう彼女しかいないのだ。自分がなんのために生きてきたのか。彼女を失ってしまえばなにも残らないからだ。


「さあ行こう。ガナートまでは一時間くらいだと思う」

「うん、愛してるわフェル」


 そっと口付けされた。痺れるような感覚と、どこか甘さがある淡い口付けだった。


 手を取って立ち上がり、そのまま手を繋いだまま森を進んだ。


 小鳥のさえずりと、上空で羽ばたく鳥の羽音。鳥たちはあまり大きくない。おそらくこの付近に魔獣はいない。正確には大きな魔獣が、だ。大きな魔獣はそれだけ獲物を獲る手段が多い。そのため、上空を飛んでいても捕食される危険性があるのだ。


 鳥の鳴き声や羽音を聞きながら歩みを進めた。スカーレットは文句を言わず、手を繋がれたまま歩いていた。


 こうしていればただの女の子なのに、こうしていれば普通なのに。そう思わない日はない。彼女が殺人鬼でも食人鬼でも、年を取らず、あの日のままでいる限り、フェルメールはずっと思い続ける。だからこそ苦しく、だからこそ辛かった。


 森を抜けた。そこでようやく異常に気づいた。


 ガナート方面から煙が上がっていたのだ。


 嫌な予感がして、スカーレットの手を掴んだまま走り出す。エンハンスを最大にして直進。ガナートまでは五分程度で到着した。


 そこに町はなかった。


 ほぼ更地と貸した町。倒壊した家の群れ。天へと登る黒い煙が惨状を物語っていた。


 思わず鼻根を抑えた。こんなはずじゃなかった。ここに来ればすべてが変わると思っていた。それなのに、なんだこれは。


「フェル、これ……」

「それ以上言うな。それ以上は、ダメだ」


 完全な人間にはなれずとも、普通の半魔に戻ればそれでよかった。それさえもさせてもらえない。


 噂を聞くたびに解呪師の元を訪れた。何回、何十回、そもそも数えていないからよくわからない。それでも、旅の目的にするくらいには大事なことだ。


 今までの解呪師は皆、呪いを解くことができなかった。だから腕利きだと言われたガナートまで来たのだ。


「おう兄ちゃん。ここになんか用事だったのか? そんなか弱そうな彼女なんか連れちゃって」


 そう思ったとき、背後から声を掛けられた。


 振り向くと、ボロボロのマントを羽織った中年男性がいた。無精髭にぐちゃぐちゃの髪の毛。旅人だろうか、それにしても気安すぎると身構えた。


「ああ、そう怖がるなよ。俺はガウェイン=シンクレア、気軽に呼び捨てにしてくれて構わない」

「ガウェインさんはここでなにを?」

「あー、うん、まあいいや。俺は旅人なんだが、昨日の夜にこの町に着いてな。着いたんだが、魔獣と盗賊に蹂躙されてたんだ。だから俺は野宿せにゃならなくなった」

「魔獣と盗賊? 盗賊が魔獣を使役していたと?」

「いや、そうじゃない。盗賊団が魔獣の集団から逃げてて、この町に逃げ込んだみたいだ。マンティコアにサラマンダー、それにワームだ。どれもこれも全長五メートル超えだったな。しかも総数は百以上だ。魔獣の群れはピンピンしてたが盗賊は全滅、当然だな。おまけに町もこの有様。世の中ってのは、常に非常だ」

「魔獣出没地域から魔獣が出たのか? 魔獣が存在できるのは魔族の加護があってこそだぞ」

「そんなこと俺に言われても困るんだがね。確かに魔獣がやってきたんだから」


 魔獣は魔獣出没地域でしか生存できない。それは人間と魔族の間である協定で結ばれているからだった。


 魔獣が生きるための地域を制限するというもの。その地域から出ることで、魔獣は灰になって消えてしまう。死んでいれば灰にならないが、生きている状態では魔獣出没地域からは出られない。


 その、はずだった。


「その魔獣たちは今どこに?」

「終わったら、来た方向に帰っていったよ。ありゃ指揮官がいるね。しかも魔獣じゃない、魔獣使いの仕業だ。うん、たぶんな」


 ガウェインが顎髭を触りながらそう言った。


「たぶん、か。それは、信用に値しないな。逆になぜ指揮官がいると思ったんだ?」

「統率がとれている。必要がなくなったらすぐに退いた。しかも足並み揃えてな。野生じゃそれはありえない。マンティコアもサラマンダーもワームも上位魔獣だ。異種族での集団行動なんて見たことがない」

「そう言われると納得せざるを得ないかもしれないな」

「ところで兄ちゃんはなんでここに? ガナートは三つの魔獣出没地域に囲まれ、それでいて特色もない。土がいいから沢山の野菜が採れるから町自体は裕福だが、これといった特産物もないはずだ」

「旅人ならわかるだろ? 通り道なんだよ。と言っても信じてはもらえないか」

「あんなに落胆されちゃーな。でも家族がいるっていう落ち込み方じゃない。なにか目的があったんだろ? 武器とか諸々を見る限り賞金稼ぎっぽいが、関係あるのかい?」

「よく見てるんだな。俺は賞金稼ぎだが、今回は関係ない。ここに腕のいい解呪師がいると聞いたんだ」

「でも町は崩壊してた、か。この状態じゃ、解呪師も無理だろうな」

「ここならばと思ったのだが、また次の解呪師を探すしかなさそうだ」

「解呪師を探してるのかい。だったらいいのがいるぞ」

「知ってるのか? それなら教えて欲しいんだが」

「境界都市マルバドール。そこにアシュリー=ローランドっていう解呪師の女がいる。解呪師としての腕は一級品だ。俺も治してもらったことがあるんでな。つっても料金はそれなりだが」

「金はあるし問題ないさ。教えてくれてありがとう。でも、マルバドールか……」


 魔界と人間界の間にある境界都市の一つ。それがマルバドールだった。


 四つある境界都市の中でも一番治安が悪いと言われ、おいそれと近づけない場所として有名だった。魔獣出没地域に囲まれたマルバドールは、賞金稼ぎであっても一部の人間しか訪れることがない。しかし、人間と魔族が共存する数少ない場所でもあった。


「ここからだと一回魔界に入ってから、魔界側の入り口から入った方が近いな。それとも兄ちゃんたちは遠回りする感じかい?」

「いや、魔界を突っ切る」

「即答か、びっくりするくらいに潔いな」


 地図を広げて現在地を確認。確かに、正面の山を超えて魔界に入り、そのまま魔界の荒野を直進した方が早そうだった。魔界を避けて進むとなった場合、山三つ分遠回りしなければいけない。


 魔界と人間界の違いは、実際には特にない。境界がしかれているのは、単純に領土争いをしないためだ。大きな違いが一つあり、魔界では魔獣が好き勝手に徘徊している。そのため、人間が入っても対処できないのだ。


「俺たちには俺たちの事情があるからな。教えてくれて本当にありがとう。行こうか、レット」


 目配せすると、彼女が一つ頷いた。


「アンタ、お人好しなんだな」


 背を向けた直後に声を掛けられた。


「お人好し、というほどでもないさ。ただ他人の教えは信じることにしてるんだ。それだけさ」

「そんなお人好しさんにいいことを教えてやろう。今の魔界はちょっとヤバイぞ。気をつけなよ」


 ガウェインが歯を見せて笑った。


「そうかい。じゃあ俺は若いカップルを応援してやろうかね。せいぜい死なんようにな」


 含みがあるその笑いが、なんだか少しだけ怖く感じていた。


 崩壊した町の中を歩いた。黒焦げになった親子が抱き合っていた。バラバラになった肢体がところどころに転がっていた。これがまた、なんとも言えない哀愁が漂う。


 町を抜けて山へと向かった。魔獣出没地域の一つであるため、人の手が入っていない。


 一時間程度の徒歩の後、二人は山を登り始めた。登ると言っても傾斜がキツイわけでもない。道は若干怪しくも、普段魔獣が通っているせいか道は悪くない。山の標高が低いのも、この山越えを選んだ理由だった。


 ガウェインのことを信じていないわけではない。しかし、引っかかるのは事実だった。


 どこの町でもそうだった。二人のことを「恋人」や「カップル」と言われたことなど一度もなかった。二人のあり方、二人のやりとり、スカーレットの線の細さと身長の低さ、フェルメールの達観した顔。それらが彼ら二人の関係を「兄妹」と呼んだのだ。


 二人は好きあっていながらも恋人同士ではない。それなのにガウェインは「カップル」と言ったのだ。


「どうしたの?」


 スカーレットが前に出た。フェルメールの顔を見上げ、不思議そうに顔を傾げた。


「ガウェインのことが気になってな。大したことじゃないさ。どちらかと言えば、魔界が大変っていう部分の方が気になるな」

「なにが大変なのかを聞いておくべきだった?」

「いや、たぶんあの人は口を割らないだろう。知っていたとしても言わないし、知らなかったらそのままだ。大変になってるっていう噂を聞いた、としか言わなかったんじゃないかな」

「でもなんでそんなことを?」

「それがわからない。そこだけがわからないから困ってる」

「わからないんなら、今はちょっとだけ置いておいてもいいんじゃない? 無駄に考えても意味はないし、むしろ害しかないじゃない」

「それもそうだな。ありがとう」


 頭に手を乗せ、少しだけ強引に撫でた。「痛い」と言いながらも、スカーレットは笑顔でそれを受け入れていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る