第4話

 夢を見た。とても嫌な夢だった。


 十七歳の、あの時の夢だった。


 外から聞こえる喧騒に目を覚ました。時計を見るとまだ真夜中だった。しかし外はやけに明るい。


 なにごとかと思いながらも剣を持って家を出た。


 火の手が上がっていた。周囲の、家という家が燃えていた。それだけではない、たくさんの人が倒れていた。首がない者、手足を引き千切られていた者、内蔵が弾けている者、燃えている者。見ただけでも生きていないことがわかった。


 ツバを飲み込み、剣を抜いた。


 盗賊か、賞金首か、動物の群れか。


 恐る恐る歩みを進める。人の悲鳴が聞こえる方へ、少しずつ、少しずつ進んでいった。


 一軒の家の前に少女がいた。真っ赤な服を着ていた。


 見覚えがあった。いや、それどころの話ではない。


「スカーレット……!」


 一度剣を鞘に納めた。そして一目散に走り出した。


 フェルメールの目の前に、一人の老婆が現れた。


「待ちなさいフェルメール。あれは、スカーレットであってスカーレットではない」


 彼女の祖母タバサだった。彼女を育てた張本人。なによりも、捨て子だった自分を拾い、ここまで育ててくれた人だ。


「どういうことだよ。もしかしてこれ、アイツがやったのか?」

「ああ。そうだ」

「なんで?! なんでアイツがこんなことを!」

「魔族の血、そして祖父の呪いだ。おそらくだがな」

「魔族の血の方は知ってる。アイツの父親がグラスギングだってことも。でも呪いってなんのことだよ」

「私の父はいわゆるネクロマンサーというやつでな。たくさんの人を殺し、自分で蘇らせていた。その中に解呪師がいて、解呪師の何人かに呪いをかけられた。祖父本人ではなく、私やスカーレットにも流れる血に呪いをかけた」

「それが今出たってのかよ。そんな、バカなこと……」

「元々祖父もそう言われていたんだ。いつどこで発現するかわからない、とな。お前のせいで、お前以外の血族がひどい目に遭うだろう。お前のせいだ、お前が恨まれるのだ、と」

「なんでアイツなんだよ! クソッ!」


 もう一度スカーレットを見た。


 あれは赤い服ではなかった。いつも着ている白いパジャマだ。それが血によって赤く染まっているのだ。


 顔は彼女のままだ。けれど、頭に角を生やしていた。無表情でこちらを見て、そして突っ込んできた。


 思わず両手で顔を隠した。


 ブワッと生暖かい風が吹いた。強烈な生臭さが顔に当たり、吐き気をもよおした。


 腕をどけるとスカーレットの姿はなかった。隣にいた彼女の祖母もいなくなっていた。


 慌てて周囲を見渡すと、後ろの方に二人が立っていた。正確にはスカーレットが立ち、タバサが掴み上げられていた。


「やめろスカーレット!」

「ふふふ……あーっはっはっはっ!」


 こちらを見て高笑いをした。完全に、自分が知っている彼女ではなかったからだ。


「聞きなさいフェルメール!」


 と、祖母が大声でそう言った。


「スカーレットを、孫をお願い! 呪いを解いて! 私はもう――」


 その叫びは途中で途切れてしまった。バキバキという音とともに、タバサが絶命したのがわかった。


 ほんの一瞬出来事なのに、なぜか長い時間それを見ていたような感覚があった。


 拾ってくれた時のことをよく覚えている。十年前の冬、もう顔も覚えていない両親が馬車から投げ飛ばした。雪の上を転がって、馬車を追いかけようとしたけど無駄だった。


 服は着ていたし靴も履いていた。だからすぐに凍死するようなことはなかった。けれど寒く、凍えそうだった。


 そこに通りかかったのがスカーレットの祖母だった。スカーレットの手を引いて、逆側の手を俺に差し出してくれたのだ。


 最初は心を開こうとしなかった。だが、タバサはとても優しく、その優しさに心をほだされた。


 温かい風呂も、美味しい食事も、タバサがいたからありつけた。勉強なども教えてもらった。昔は教師をしていたらしい。


 たくさん褒めてくれた。料理の仕方も裁縫の仕方も教えてもらった。実の母以上に母だった。


 そしてスカーレットと共に育ち、十五を過ぎた頃には恋心を抱いた。タバサはそれを知って応援してくれた。


 人生の中で拠り所だった。それを、孫であるスカーレットが壊していった。


「スカーレットおおおおおおおおおおおお!」


 彼女は大口を開けた。そして、タバサの頭に歯を立てた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る