金の瞳の彼女に、恋をした

作者 武州青嵐

174

64人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

「供物」と呼ばれる生贄にされようとした女の子を鬼の末裔が助けるストーリー。
物語自体は姫を助ける騎士物語、その現代版の王道といえますが、キャラもストーリーも、そして文章のリズムも全てが面白い傑作です。

「供物」になることに葛藤しながらも、周囲の幸せのために受け入れようとするヒロイン。そのヒロインの女の子を「供物」にさせまいと必死に守る主人公。

二人にとって一番大事なものは一体何なのか? 「供物」の役を受け入れるのか、愛を取るのか!

番外編の狐の話を一緒に読むと、最初からのストーリーにまた深みが出てくるのも面白いところでした。

読み始めると止まらない物語ですよ、みなさんご一読されてはどうでしょうか。

★★★ Excellent!!!

――

喰う者と喰われる者、そんな相反する二人が惹かれ合い……と聞くととても重苦しく、悲哀に満ちたものを想像されるかもしれませんが、甘く切なく優しい気持ちになれる物語です。

苦しい状況の中でも互いに思いやり合い、支え合い、戸惑いながらも真っ直ぐに愛し合う二人の姿にドキドキハラハラキュンキュンさせられっ放しでした。

ヒロインの来宮のラストの言葉が本当に素敵!
こちらまでリアルに笑顔になってしまいました。


本編のみ拝読させていただいての感想になりますが、続編も楽しみに読ませていただきます。

★★ Very Good!!

――

 優しくて、でも芯の強い女の子、でも彼女は蛇の「供物」で…
生を諦めた女の子に、蛇にやるなら俺が食う。と寄り添う鬼。

 そして、番外編。きつねの話…
ちゃっかりもので、でも二人を見守ってくれている。
そんな格好良い大人な狐様の、遠い日の、でも末永いお話―――

 とても満ち足りた気持ちになれる、そんなお話です。

★★★ Excellent!!!

――

もうね、読者ハラハラしっぱなしですよ(笑)
だって、主人公の男の子は「鬼」で、ヒロインちゃんは「供物」ですよ?
喰う、喰われるの関係ですよ?
その2人が、恋をするんですよ??
ドキドキしてしまうやないかーい!すごくいろんな意味で!!

と、いうようなテンションになってしまうこちらの作品、一貫して主人公視点の一人称で書かれているのですが、それがしっかり若者で、高校生で、とても青臭くて素敵です。
私はもうはるか昔に高校を卒業しておりますが、きっと現役高校生の方々には共感を、私のような先輩方には「かわいいやないかい…がんばれや…」という微笑ましく応援したくなってしまう気持ちを呼び起こさせると思います。

数々の困難を乗り越えて、2人が成長した先に何が待っているのか。
2人の関係はどうなっていくのか。
ぜひ、見届けてください。
きっとそれを見届けた頃には、あなたもこの作品に恋をしているはずです(笑)

★★★ Excellent!!!

――

鬼とは、なにか。

人とは、なにか。

生きる意味。

命の意味。

愛し合うこと。

この、少年と少女は、
何処に向かうのだろうか?

この作者の物語には、
読ませる力がある。

人を惹きつける
魔力のような
魅力がある。

人々はつい、魅了されて
物語の世界に
とらわれる。

つい、最後まで読んでしまうのだ。

★★★ Excellent!!!

――

甘酸っぱい青春の味わいと、それを否定するような粘り気の強い「食欲」。
絶妙な矛盾に、ハラハラしっ放しです。

桃生、来宮など登場キャラクターも不必要に散らからず、一人一人が立体的に描き出され、注視点がブレずに読めます。
個人的には狐さんがとても良い味出していると思いました(笑)

★★★ Excellent!!!

――

鬼の血を引く少年と、「供物」の印を持つ少女の物語。
一見普通の高校生と、一見普通の少女。しかし彼らの関係は危うく、切ない。アンバランスな状況の上で、二人の関係性はどのように動いてゆくのか。まだ序盤ではありますが、今後の展開へ間違いなく期待が持てる作品です。

この作者さんの作品は、繊細かつ所々コミカルで、読んでいてどこか安らぎを感じます。そこに放り込まれる様々なトラブルによる緩急に、是非翻弄されて下さい。
同作者の「ルクトニア百花繚乱戦記」も奇妙な関係を持つ男女の物語で、切なく熱い物語です。こちらも是非オススメです。

★★★ Excellent!!!

――

何かが起こることを予感させる出だし。
勢い、リズム、テンポ、気持ち良い。ヒリヒリと五感に染み渡る。
意外と強い心の「供物」と、意外とヘタレな主人公との淡い恋路は、
ユーモアも交えゆっくり穏やかに進む。
そして、章が進み、緻密に表現される美しい光景とは裏腹なおぞましい出来事は、おもいがけず2人の「恋心」を逆転させる。
強い思いは弱気へ、ためらいは強い思いへ。

2人はこの愛の障壁を乗り越える事ができるのか!?
(恋愛小説です。)