儚くも永遠の愛の旋律

作者 多風 つも花

美しい描写が魅力の恋愛小説!

  • ★★★ Excellent!!!

素晴らしいと思ったのは小説において難しいと思われる音色や音楽の描写。あらすじにあるように音楽が絡んでくる物語なのだが、作中に出てくる文を読むだけで私にはその音色が想像出来てしまう。音楽に携わった人は是非、その音色を読んで頭の中で奏でてみてほしい。
背景描写などもきちんとされている。特に気に入ったのは花の描写。作中に出てくる花やそれに関連した描写が、読むだけで頭の中で想像出来る。
ぜひ一読あれ!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

紫衣彪牙さんの他のおすすめレビュー 63