第26話 輝く光の中に〜最終話

 1年後、アンナの命日の早朝、レオンはアンナのお墓参りにやって来た。

朝霧が辺りに立ち込め、当たりの景色は輪郭をなくしたようにぼんやりとしている。


 その霧の中から垣間見えるレオンの歩く姿は頼りなげで、目は落ちくぼみ光を失っているかのよう・・・。痩せた体は風に吹かれると揺れているように見える。手をポケットに突っ込み、片方の手には真っ赤な薔薇を抱えていた。レオンは薔薇の花を墓前に供えた。


「アンナ、ちょうど1年が過ぎたよ。僕は相変わらずだよ。この前作った曲は君の想い出をかいたものなんだ。バラードの優しい曲で、先日はオーケストラで演奏したんだ。君が聴いてくれたらきっと喜んでくれただろう。

・・・アンナ、君に逢いたい。君を忘れることなんか出来ない。何をしていても・・・。ピアノを弾いている時は一緒にいると言ってくれたね。僕も君のことをいつも想っているよ。寂しいよ、アンナ。逢いたくてたまらないんだ。僕はこれ以上一人で生きていけるか不安なんだよ。」


レオンは墓の前に座って語りかけ、そのまま何時間もそうして座っていた。




 昼過ぎになって、アーニャはようやく墓参りに訪れた。アンナの好きな淡いピンク色のバラの花束を抱えて。


 レオンに会えると思っていたので、墓の前に座っているレオンの姿を見つけると、レオン!と声をかけた。

レオンはじっと動かない・・・。静かな微笑を浮かべ、目はすうっと遥か彼方を見つめている。


「レオン、レオン!」

アーニャはレオンを揺さぶり、思わず息をのんだ。


 アーニャの視線はゆっくりと、レオンの見開かれたままの目からアンナの墓へ移った。

レオンの肩にもアンナの墓にも花びらが積もっている。


 アーニャは舞い落ちた花びらが頬にふれるのを感じて我に帰った。

アーニャはぼんやりと空を見上げた。



 春にしては冷たい風が吹き、一斉に花びらが宙を舞う。その風で深紅の薔薇の花びらも高く舞い上がった。アーニャは、その中に、一瞬、アンナとレオンの姿を見た様な気がした。


 アーニャの魂は、何かの大きな音を発して揺れ動いた。

哀しみの中にいるはずなのに、何か湧き上がる様な感覚に襲われながら・・・。


 アーニャははっきりとした声で言った。

「アンナ・・・、レオン・・・、ありがとう・・・。」

熱い涙がアーニャの頬を伝わり、涙で霞んだ瞳で花びらの舞い上がる様子を見つめていた。

すぐそこに微笑みながら佇む、アンナとレオンを感じて・・・。




              完





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

儚くも永遠の愛の旋律 多風 つも花 @takaze10

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ