第7話 アーニャ、レオンとの出会い

                 


 彼との出会いは半年前の夕立の雨の中だった。私はジャズクラブの前を通り過ぎた。そこの店の軒先に、空を見上げてびしょ濡れで立っている彼を見つけた。捨て猫のようで、どうしてもそのまま通り過ぎて行くことが出来なかった。

「傘、入ります?」

「ああ。そうだね。それはどうも。」

彼は私から傘をさっさと取り上げると、私の方を見て

「僕が持つから。」

と言った。

彼は一言も口をきかずに歩き続け、坂を登りきった彼の住処へ着くと、

「ちょっと待ってて。」

そういうと、三階の彼の部屋まで駆け上がった。私は傘をさして置き去りにされたような格好になって、彼を待っていた。彼は傘もささずに部屋から飛び出してくるとこう言った。

「車で家まで送るから。」

「あ?ええ。」

 彼は車のドアを開けてくれた。私はドアの中に体を滑り込ませた。

「ありがとう。私の家はこのすぐ近くだわ。」

ほんの十分足らずで私の借りているアパートの前に到着した。いつ見てもどの角度から見てもみすぼらしいアパートだ。彼は、少しだけそのアパートを見上げてこう言った。

「今日はありがとう。助かったよ。」

「いいえ。私こそ送ってもらっちゃったわ。ありがとう。」

彼は、ひとつ頷くと車に乗り込んだ。そのまま、私たちは別れた。そういえば、名前も聞かなかった。もう会うこともないだろうと思っていた。


 次の日は青空の広がる素晴らしいお天気だった。窓を開けると花の香りが部屋へ飛び込んできた。散歩日和だわ。私は、白いレースのワンピースに着替えて外へ飛び出した。

 ドアを開けると彼がそこに立っていた。

「やぁ。」

「どうして?」

私は尋ねた。

「いや、近くに来たものだから。昨日のお礼がしたくて。」

彼は、私にチューリップの花束を差し出してこう言った。

「それじゃ。ありがとう。」

 

 彼は瞬く間に立ち去って行った。私はお礼も言えなかった。五本のチューリップはそれぞれが違う色で、春の陽だまりを受けて誇らしげに輝いていた。私は、たっぷり一週間以上、毎日水を替えてその花を眺めては楽しんだ。その花がいよいよ枯れた時は、春の陽が私の目の前から消えてしまったように感じたものだった。だから、すぐに花を買いに行った。同じようにチューリップの花を。少しだけパンを節約して。貧しい私は花を買う余裕などないのだが、今となっては花の飾られていないこの部屋にいっそう淋しさを感じるようになってしまったから、仕方がないというわけだ。


 一度だけ、彼と最初に出会ったジャズクラブに行った。通りに面している窓から中の様子を覗いてみたが、彼の姿は無かった。たまたま誰かと食事に来ただけだろうし、会えるわけがない。私はそう思っていた。



 それから一月ほど経ってアーニャは彼の存在を忘れるとも無く忘れていた。だから、あのジャズクラブの前を通りかかったとき、ちょうど仕事を終えてその店から出てきた彼と会った時は、一瞬誰だったかしらと思ったものだった。考えてみれば、いつでも彼は、私が彼の顔を認識する間もなく立ち去ってしまったのだ。

 その日の彼は、とても清々しい表情をしていた。意外にハンサムなのね。背も思ったよりも高い。

「あ!」

私たちは同時に声を出した。

私は彼に近づきながら挨拶をした。

「今晩は。お食事してらしたの?」

「いや違うよ。僕は仕事でここへ来るんだ。」

私は、コックの見習いか皿洗いのバイトでもしているのだと思った。

「そう。お疲れ様でした。そういえば、お花ありがとう。あの時はお礼も言 えなかったわ。あっという間に居なくなってしまったから。綺麗だったわ。」

彼は、こくんと頷いた。

「それじゃ。」

私は彼に軽く会釈をしながらそう言って歩き出した。

「あの。よかったら一緒に何か食べませんか?お腹が空いちゃって。」

彼は少し早口でそう言った。レストランでアルバイトなのに食事も出してもらえないなんて、可哀相ね。私はそんなことを思った。

「ええ、いいわ。」

そして、ジュリアの店を知ったのだった。彼は、私を食事に誘っておきながら、最初は何も話をしなかった。私は、こうして二人で食事したことを後悔でもしてるのかしらと思ったほどだった。次第に彼はポツリポツリと話し出した。

「君は何をしているの?仕事だけど。」

「私は学生。親元から離れて一人で生活しているの。でも仕送りだけでは足りないからカフェでアルバイトをしているわ。あのジャズクラブのすぐ近く。」

「そうか学生か。何を勉強しているの?」

「ナースの勉強。」

「ナースを目指しているのか。そりゃ大変だ。」

「そういえば、私、あなたのお名前を伺っていない。」

「ああ、そうだった。僕はレオン。君は?」

「私の名前はアーニャ。」

「アーニャか。いい名前だ。」

「ありがとう。」

「それで、どう?ナースの勉強は?」

「ええ。課題がきつくて。あと一年したら卒業で病院に勤めるの。早く勤務したいわ。授業で少しずつ病院へ行って患者さんを看ているのよ。でも試験が難しいの。3つも再試になっちゃって。細かい事を覚える才能がないみたい。」

「才能ね。難しいな。僕も自分に才能があるかと聞かれたら無いと答えるだろう。でも、努力する才能のあるやつは結局はいい線まではいくものだ。その先になるとまた話は別だから。でももともと好きじゃなきゃやらないしね。」

「ええ。あなたは何をしているの?」

「僕はピアノ弾きだよ。あの店でも演奏している。でも僕が小さい頃から弾いてきたのはクラシックだけどね。」

「まぁ、そうなの。ピアニストなのね。」


 私は、急に彼を見直したものだった。てっきり皿洗いかと思った。どうもなりがみすぼらしいから。

「ジャズを弾き出したのは最近のこと。初めは乗り気じゃなかったけど、やってみると結構楽しい。ベースやドラムとトリオで演奏するんだ。気の良い奴らで一緒に居ると楽しいんだよ。楽しいと思う奴じゃないと一緒に演奏していてもつまらない。音楽は人間が出るからね。」

「ジャズの音楽は聴いていて楽しいけれど、どうしてあんなに音が変わっていくのか不思議だわ。自由に演奏するの?」

「そうだよ。音符が並んでいるのではなくて、アルファベッドが書いてある。CとかA♭とかね。コード進行といってそのコードを基本として自由に演奏するんだよ。コードは和声のことなんだけど。でも僕は幼い頃から訓練しているから絶対音感があるのだけど、それが却って邪魔をするんだ。ジャズプレイヤーはどの音も関係なく演奏する。全く凄いよ。最初は戸惑ったね。譜面にはアルファベットしか書いていないし。でも今では結構楽しんでいる。評判もなかなかなんだよ。他からの出演依頼も来るようになった。まぁ、最初は自分の目指しているものとは方向が違ったけど、どんどんジャズを好きになるし、今はこれで良いと思っている。」

「凄いわね。聴いてみたいわ。」

「今度来るといいよ。店も楽しいし。」

 ピアニストか。この人がピアノの前で演奏したら、素敵だろうな。まぁ、もう少しまともな格好をすればの話だが。


 私は音楽が大好きで、それは母親からの影響だった。幼い頃から家の中はいつも音楽で溢れていた。クラシックやジャズやシャンソンはポピュラーなものならたくさん知っている。音楽を志そうと思ったこともあったが、ピアノも弾けない私に才能があるはずはないと思って諦めた。ピアノを上手に弾ける友達をみると本当に羨ましいと思ったものだ。どんなにか楽しいのだろうな。つまり私にとっては憧れの仕事だった。


「ファンはいるの?」

「ああ、少しはね。よく来てくれる人も少しはいるよ。」

そう言うと、そこでかれは黙り込んでしまった。じっと宙を見る目は動かない。何を考えているの?私は、彼にそう聞いてみかった。でも、いくらなんでもそれはずうずうしいというものだ。


 私は、店の窓から外を眺めた。今の季節は散歩日和なのだろう。行きかう人の姿も多い。

手を繋いで歩く恋人たちの姿をうっとりと眺めた。微笑んで見つめあう二人はため息のでるほど美しい。私も恋人と歩きたいわ。いつか私にも愛する人が現れるのだろうか。彼に目をやると、彼は相変わらずじっと何かを考えている。少し虚ろな様子だわ。この人には恋人はいるのかしら。その人を想い出したのかしら。私は彼の顔を見つめていた。


 それから私たちは時々仕事の帰りに会って食事をするようになった。彼のマンションを訪れるまでそんなに時間はかからなかった。

 しかし彼の部屋に行って、今まで少なくとも私にとって有意義な時間を過ごしたことは殆どなさそうだ。いつもピアノを弾く彼を眺めているだけ。そして、ジュリアの店に行き、大抵の場合私はそのまま家に帰る。彼がいつも、送っていくよ、というのが合図。私の気持ちは全く彼には関係の無い別の世界のもののよう。

 一度だけ、まだ帰りたくないと言ったら、彼は語気を強めてこういった。

「いや、今日は帰ろう!」

私はしげしげと彼の顔を見たものだった。どうして急にそんなふうになってしまうのか、私には不思議だったし、どこからこんなに激しい感情が出てくるのだろうと首を傾げた。だから、それから二度と帰りたくないなどとは言っていない。

そもそも私は自分の彼に対しての気持ちも分からない。好きだという気持ちはもちろんあるのだが、それ以上のものがあるかどうか。それはきっと彼がそうさせない何かを感じていたからだろう。私を近づけることはしない。でも、私と一緒にいることは嫌ではないようだ。私をどう思っているのか一度聞いてみたいとは思うけれど、そこに踏み込むことがどうしても躊躇われた。きっと撥ねつけられることが怖かったからだろう。きっと曖昧な関係がいいと思っているのだわ。私はどこか自分の気持ちから目を逸らせていた。




                

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます