用語解説9―24話~25話&参考資料編

<24話 彼女が「朧月夜桜子」になった日>用語解説


〇桃真が桜子のために残した遺産金を会社経営の資金として勝手に使い

叔父に遺産金を勝手に使われてしまった場合、この時代でも裁判所に訴えたら叔父は罰せられるはずである。

夏目漱石の『こころ』でも、「先生」は父の遺産金を叔父に勝手に使われている。叔父は自分の娘を「先生」と結婚させて遺産問題を解決させようとするが、「先生」は断り、さらに叔父の悪事にも気づく。まだ学生の身分だった「先生」は裁判を起こしても多大な時間を浪費してしまうだけだと考え、慎ましやかに一生暮らせるだけのわずかな財産を持って東京に行き、故郷と絶縁する。

この時代も裁判は煩雑で時間がとてもかかったようである。財産問題で揉め事があっても、学生や仕事が忙しい人間は裁判に時間をとられることを嫌がり、泣き寝入りした……という人もいたかも知れない。






<25話 恋の始まり(最終回)>用語解説


〇柳一は桜子の頭の赤いリボンにそっと接吻キスをした

この物語の唯一のラブシーン。

最終回まで読んでくれたら、身長差のラブシーンがあるんですよ!?

みなさん、『花やぐ愛は大正ロマン!』を読んでぇーーーーーーっ!!

https://kakuyomu.jp/works/1177354054883512896






<参考資料>


私が大正時代の小説を書く際に参考にしている資料を以下に記しておきます。

「自分も大正浪漫を書きたい!」という方はぜひ参考にしてください(*^^*)


〇東洋英和女学校五十年史 (東洋英和女学校)

 編:東洋英和女学校五十年史編纂委員会


〇女学校と女学生 教養・たしなみ・モダン文化 (中公新書)

 著:稲垣恭子


〇女學生手帳 大正・昭和 乙女らいふ (河出書房新社)

 編:弥生美術館・内田静枝


〇大正ロマン手帳 ノスタルジック&モダンの世界 (河出書房新社)

 編:石川桂子


〇モダンガール大図鑑 大正・昭和のおしゃれ女子 (河出書房新社)

 著:生田誠


〇女流作家のモダン東京 花子と白蓮が歩いた街 (河出書房新社)

 著:生田誠


〇明治大正凸凹地図 東京散歩 (実業之日本社)

 著:内田宗治


〇銀座 歴史散歩地図 明治・大正・昭和 (草思社)

 編著:赤岩州五  監修:原田弘・井口悦男


〇絵葉書で読み解く大正時代 (彩流社)

 編:学習院大学史料館


〇大正の東京100話 (つくばね舎)

 編:日本風俗史学会


〇角川まんが学習シリーズ・日本の歴史14 (KADOKAWA)

 監修:山本博文


〇平成日本の原景 大正時代を訪ねてみた (産経新聞社)

 著:皿木喜久


〇ひと目でわかる「大正・昭和初期」の真実 (PHP)

 著:水間政憲


〇消えたモダン東京 (河出書房新社)

 著:内田青蔵


〇夢見る趣味の大正時代 (論創社)

 著:湯浅篤志


〇大正の中学生 (筑摩書房)

 著:西山夘三


〇近代日本食文化年表 (雄山閣)

 著:小菅桂子


〇明治・大正を食べ歩く (PHP新書)

 著:森まゆみ


〇おばあちゃん伝授の大正ロマンハイカラおやつ (日本ヴォーグ社)

 監修:岩崎藤子


〇家庭應用おうよう洋食五百種 (新橋書店)

 著:赤堀吉松


〇実用料理法 (盛林堂)

 著:梶山彬


〇食道楽・続編 秋の巻 (報知社)

 著:村井弦斎


〇近代日本学校制服図録 (創元社)

 著:難波知子


〇きもの文様図鑑 (平凡社)

 監修:長崎巌  編:弓岡勝美


〇大正ロマン着物女子服装帖 ポニア式コーディネート術 (河出書房新社)

 著:大野らふ


〇振袖&袴の大正ロマン着物帖アンティーク着物で私らしく装う(河出書房新社)

 著:大野らふ


〇日本インテリアの歴史 (河出書房新社)

 編著:小泉和子


〇大正処女おとめ御伽話おとぎばなし (集英社)

 著:桐丘さな

 漫画作品ですが、時代考証がしっかりしていてとても勉強になりました。


〇大正野球娘。 (徳間書店)

 著:神楽坂淳

 アニメ『大正野球娘。』の原作小説。作中でたくさんの食事風景が出てきます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

ちょっとディープな『花やぐ愛は大正ロマン!』用語解説集 名月明(アキラ) @naduki-akira

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ