純潔無垢

作者 土御門響

29

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

短編青春もの。

幼少のころは誰もが純粋無垢ですが、それは成長するとともに失われてしまうもの。そして最終的には汚れきった大人になってしまうという残酷な流れ。この作品は、幼少期の純粋無垢な時期を経て成長しつつも完全な大人にはなりきれてない10代の青春模様を描いたものです。相手を想う青春もの特有の甘酸っぱさもありつつ、昔みたいに想いを表現できないもどかしい苦味が加えられたこの物語は、等身大の学生のリアリティが描かれていて思わず自分も昔を思い出してしまいました。そんなノスタルジーを体感できる素晴らしい作品かと思います。

カクヨム甲子園応募作ということもあり、まさに現役学生さんならではの青春ストーリーでした。短いながらも読み応えのある作品ですので、青春ものが好きな方は是非とも一読してみてください。オススメです。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

体全体で好きだと表現できたあの頃と、そんな奔放さが許されなくなった今。誰かを好きになるという気持ちは変わらずあるのに、それを表現する方法が変わってしまって、勇気が必要になった。恋する気持ちと伝えられないという苦悩が混ざり合って、恋愛感情の複雑さがよく表されている。それでも前に進もうとしているのがいい。まだまだ汚れていない、純粋でまっすぐな気持ちだ。
文章がとてもうまくて、表現がきれい。画をつけるなら、最後のシーンはきっと澄んだ青空。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました