第2羽 メープルの願い

『僕はうさぎとしていきた記憶をなくす事を条件に、雅思さんが、うさぎになれるようにお願いました』


 なんだと! じゃあ俺がメープルになれたのはメープルのおかげなのか?


 そんでもって、うさぎとして生きてた記憶が、代償で・・・・くっ! 頭が混乱してきた!


「雅思さんに出会えて幸せだったのです。だから恩返ししたかったのです。迷惑をかけるつもりはありません。雅思さんはうさぎになれて幸せですか?」


 幸せじゃない。そんな答えは無い!


 幸せだ! 幸せなのだ!


 メープルが俺に恩返ししてくれたんだ!


 これを幸せと思わずして、何が幸せだ!


 俺は今、感動しているっ!


「プップッ!」


 鼻の鼓膜が揺れた。とっても嬉しいそうな鳴き声だ。


「良かったぁ。あ、そうだ。最後に僕のお願い聞いてくれますか?」

「ブップッ?」

「うさぎのお友達をたくさんつくって、うさぎライフ楽しんでくださいね!」


 力強い言葉に俺は元気よく相槌を打つ。


「ブブ!」

「ありがとう。さようなら雅思さん」


 そう言い残してメープルは雅思(俺)になった。


「メープル! 」

「ブブ?」


 興奮した声で名前を呼ばれたから、鳴き声で応える。何? と


「可愛いな!」

「プー」


 それなら常識でしょ。

 日本共通常識いや、万国共通常識だろ。


 俺は、うざすぎる俺(中身メープル)を適当にあしらいながらメープルの最後のお願いについて考えていた。


 友達がいないならどうする。話し相手をする。話し相手がいないならどうする………


 うさぎの飼育率向上を目指せばいい!


「プッププー!」  

「メープル、どうしたんだ?」


 ふふっ、俺(中身メープル)よ。


 お前には分かるまい。


 俺は今から飼育率向上革命を起こすのだ!


 俺による、うさぎの為の、うさぎの革命!


 革命を確実に成功させる為に内容はこれだ!


 うさぎの愛らしさを俺にアピールする。


 手段としては、芸とか、仕草で愛嬌を振りまけばいいだろう。犬みたいにな。


 いや、犬よりも愛らしく、心から癒やされてどんな堅物でも、ほっぺがゆるゆるになる、そんな芸を俺は目指すっ!


 うさぎLoveを自称する俺とこの愛くるしい外見を持ち合わせれば最強だ。ナポ◯オンと同じく、俺の辞書に不可能は無い!



 俺は、基本、地についているうさぎの前足を浮かせ、「ぷー!」と鳴いた。


 そして、すぐに地に前足をつけた。


 一番大事なのは、うさぎの固定概念を取り払う事だっ!


 うさぎイコール臭い。


 この年寄り臭い概念を取り払うのだ。


 常日頃から感じていたのだ。何故、うさぎが臭いと思われがちなのか。


 うさぎの排泄物が臭いからだと思う。


 うさぎの排泄物には食糞というものがあり、それを見た飼い主が他の人に広めてしまってうさぎイコール臭い、という概念が生まれたと考えている。


 最も、うさぎの排泄物には、アンモニアが、混ざっている。つまり、アンモニア臭がするのだ。


 理科の授業でアンモニアの実験を経験した事があると思う。あの時も臭くなかったか?少なくとも、アンモニアが臭い、と言う事くらい知ってるはずだ。


 そんなもん! 犬の方が人間みたいな感じで臭いし環境汚染だろが。


「ブー!」

「おっ、メープルが鳴いた。可愛い」


 ゴホン。鳴き声が漏れてしまった。


 気を取り直してもう一つ。


 ペット可でもうさぎはダメ。


 俺はこのあるあるに猛烈に怒っている。


 ペット可でも、はダメ?


 何だそれは! 可愛らしさを代表する生き物であり、ディ◯ニーにも登場する、うさぎがダメだと?


 意味分からん! 責任者の偏見だろ!


 責任者連れて来い!


 そりゃあよ、生え変わりの時は毛が、わさっわさっと抜けて大変だろうけどよ。


 それは犬も同じだっ!


「ブブッ」

「おっ、メープルが鳴いた。怒ってんのか〜可愛いなぁ、もぉ、こいつぅ〜」


 おい! 俺! あ~、俺じゃなくて元俺か?

 あぁ、そんなもん、どうでもいいわ!


 ともかく、なんでそんなに呑気なんだよ!


 俺のふわふわもちもちのほっぺを、触ってる場合か!?


 うさぎを飼っている人がいない中、俺はメープルの為に、メープルの為だけに!


 飼育率向上を目指してるっつうのに!


 呑気にほっぺを触るな!


 あ~、分かる。分かるよそりゃ。


 メープルのほっぺは、ふわふわもちもちで、触ってるだけで気持ち良くて癒やされて……って! あぁもう! 今はうさぎ愛を語ってる場合では無い! 計画を練らねばっ!


「メープル、なんでその場をくるくる回ってるんだ? 目が回っちゃうぞ〜」


 俺(中身メープル)の呑気な声に勢いを削がれる。


 情熱はメラメラ燃え続けているが、興奮だけが鎮まった。


 俺のしたことが。無意識にその場をくるくる回っていたのか。それもずっと。


「プー?」


 俺は俺(中身メープル)に問うような眼差しを向けた。


「あぁもう! まるっこい目をこっちに向けるなよ。可愛すぎるぞ。メープル」

「プー」


 はいはい。それは万国共通常識ですよ? 俺(中身メープル)


「もう、飯の時間か、メープル、ペレットの時間だぞ」


 そう言うなり、俺(中身メープル)はゲージに手を入れて、ペレットを入れる為の皿を、手に取った。


 コロコロコロコロ…………


 静かになった空間に、その音だけが響く。


 じーっと、俺はそれを見つめる。


 人間だったの時はなんとも思わなかったが、うさぎとなった今では、美味しそうに見えるから不思議だ。


 やっぱり俺はもう、うさぎなんだ。人間じゃなくなったのだなぁ。


 もしゃもしゃボリボリとゲージに入れられたペレットを咀嚼しながら俺は思った。


 前途多難を、極めるだろうが、俺はうさぎの飼育率向上の為の革命を巻き起こしたい。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る