俺はうさぎに転生したので革命を始動させる

水無月

第1羽 うさぎに転生

「行ってくるよ、メープル」


 俺は雅思。今日は休日出勤だ。


 朝早く起きて、飼っているうさぎのメープルの世話をして、朝ごはんを食べる。

 そして、メープルに行って来ますをして、会社出勤である。ちなみに家族の大半はねぼすけなので、まだ誰も起きてない。


「ふぅ〜! メープルってば、俺の癒し系だなぁ。彼女はメープルだーっ!」


 そんな事をぼやきながら、朝の通勤ラッシュ時で混雑している電車に乗る。

 朝のメープルとの別れは辛いが、その分帰った時のもふもふタイムは、至福である。

 毛がよく抜ける衣替えの時は、もふもふしすぎてスーツが、メープルの毛の色、茶色になってしまう。

 でもまあ、その時のきょんとした顔と言ったらまぁ、凶悪なくらい可愛すぎて、またもふもふしてしまい、危うくクリーニングに出すところだった。


「うわっ」


 ただでさえ、朝はボーッとしやすいのに、メープルの事ばかり考えているから危うく乗り過ごすところだった。


 今日もメープルの為に、事務仕事をパパっと終わらせて、定時で帰宅した。


 と思いきや、帰り道、工事中のビルの下の歩道を歩いていた時、落ちてきた鉄パイプが、俺の頭に見事にクリティカルヒットしてしまった!


 当然の如く、強烈な痛みと共に意識が飛んだ。


 ……ん? なんだこれ暗っ。暑っ。狭っ!


 最後の『狭っ!』は、異常な閉鎖感から直感的に思った事だ。


 意識が、ゆるりと上って行く。あぁ、この展開はベタなパターンだ。


 まず、お母さんが苦しいくらいに抱きしめてくれて、俺が『母さん、心配かけてごめん』と、夢心地のまま言うお約束シーンだろう。


 ……なんか不安。


「キューキュー」


 不安と思った瞬間、僕の口から声が出た。

 メープルの『不安です』ポーズを取るときに、お約束となっている鳴き声の様だ。


 可愛くて高い声だな。って、ん?


 ……メープルうさぎの鳴き声が俺の口から出た?


 マイナーなパターンとしてあるあるなのは、異世界転生系だよな。死んだら、異世界に転生しました的な。

 でも、状況からして俺は今、人間じゃない可能性がある。


 うさぎの鳴き声が、意識せずに出てくるのはおかしい!


 ……どうしよう。俺、人間じゃないのかな。


「キューキュー」


 再び、鼻の鼓膜が揺れ、鳴き声が出た。あたりを見回そうにも、真っ暗闇で何も見えない。


 と思ったけど、あることに気がついた。目を開けていなかったのだ!


 目を恐る恐る開けた。


 目の前に広がっているのは、我が家のリビングダイニングと白い柵。

 隣には、草箱。下には、もふもふの前足と、少し汚れた白いプラスチック製の床。


 ……どうやら転生した模様です。家で飼っているうさぎに。


「ブッグァ」


 なんか、アヒルみたいな鳴き声が出た。


 ……おぉう、メープルよ。こんな鳴き声が出たのか。


 俺は、ショックを受けた。

 あのキュートなメープルから、アヒルの様な声が出るなんて。


「ただいま! メープル。寂しくなかったか? 嫌な事無かったか? 痛いところないか!?」


 あれ? 傷一つ無い俺が帰って来た。


 てっきり、転生しただけだと思ったけど、まさかの転生&タイムスリップしちゃった!?


 脳裏に浮かんだ可能性に戦慄する。


 仮の可能性として、俺が転生&タイムスリップした場合、メープルはどこに行ってしまったのだろうか。


 悶々と考えていると、ひょいっと目の前にいる俺だけど俺じゃない奴が、うさぎになっている俺を抱き上げた。


「どうですか? うさぎライフ楽しんでいますか?」


 俺らしからぬ丁寧な口調で、目の前にいる人間の中身が、俺じゃない事に気がついた。


「ブッグァブブッ!」


 目の前にいる人間に威嚇してみると、またよく分からない鳴き声が出てきた。まぁ、可愛いから許す許す。


「ごめんなさい勝手に体を拝借して。僕は、メープルです! いえ、正確にはメープルでした。もうすぐ、メープルじゃなくなります」

「ププッ」


 突然語りだした目の前の俺、じゃないメープルだ。そういえば、メープルは、オスだった。可愛いのに。


 メープルが、ぽつぽつとこれまでの事情を話してくれた。俺は、鳴き声で応じる。


 意識して、鳴き声を出せるようになったのは、体の感覚に慣れたからだろう。


 そして事を遡る事、なんと二年。


 二年前、俺が、世界中の企業も真っ青な超ブラック企業で働いていた頃の話だ。


 その頃の俺は知人に騙され、悪徳ブラック企業に働き、疲れきっていた。


 俺は、早朝、家に帰る度にゲージで気持ちよさそうに寛いでいるメープルを見て、癒やされていた。

 そして、メープルに言ったそうだ。


「お前、気持ちよさそうだな……。俺、うさぎになりたい。死んだら、うさぎになりたいよ」


 と、それは疲れきった声で、メープルは、とても辛かったそうだ。


 昔の戯れ言を覚えてくれたなんて、律儀すぎるだろ! くぅ、性格まで可愛い。


 でも、辛い思いをさせてたなんて、ごめんメープル。飼い主失格だよな。


「だから僕は、人間になりたいと願いました。働いている雅思さんを助けたいからです」


 静かな口調の中に込められた強い覚悟に、俺は激しく感動した。


 うさぎの鏡だなぁ、メープル!

 あ、ちなみに雅思は俺の名前だからな。知ってるか。


『僕は、うさぎとしていきた記憶をなくす事を条件に、雅思さんがうさぎになれるように願いました』

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る