番外編 涙の代わりに、汗を流して


「ハァアッ!」


 私の気勢が奔り、突き出した拳が空を裂く。この静かな道場には今、私の吐息しか耳に入らない。

 息を切らし、汗が肌を通じて足元に滴るまで。私は――獅乃咲葵しのざきあおいは、ここで型稽古を繰り返している。


「は、はぁ、はぁっ……」


 それは精神統一だとか、鍛錬だとか、そんな高尚な理由によるものではない。

 亜麻色の髪の毛先から、この細い手足から、頬から。絶えず汗を撒き散らし、私は突きや蹴りを放っているが――この心はいつも、ここではないどこかへと向かっている。


 なんのことはない。ただ私は寂しくて、不安なのだ。

 地球守備軍の名門たる獅乃咲家の子女でありながら――私は、許婚である殿方が戦場に赴く中、こうして道場で汗を流している。まるで、涙の代わりであるかのように。


 私の許婚である日向威流ひゅうがたける様は、毎日のように宇宙を駆け抜け、凶悪な怪獣と戦い続けている。だが、16歳にも満たない私には、彼と共に戦う資格がなかった。


 だから私は愛しい人が戦地に赴く中、ただこうして帰りを待つことしかできないのだ。

 しかも彼は……英雄と称されるほどの活躍を繰り返している。それはつまり、英雄になってしまう・・・・・・・・・ほどの死地に立たされ続けているということに他ならない。


 彼はいつも、何事もなかったかのように笑顔で帰ってくるけれど。

 その裏にある苦しさが、分からない私ではない。彼は私を、そんなことも分からない子供だと思っている。


 だから彼が出撃していく度、帰りを待つ私は……居ても立っても居られず、こうして屋敷の道場で汗を流しているのだ。

 自分を押し潰す不安に、屈しない為に。


「……っ」


 だが、最近はこうして型稽古に明け暮れるのも辛くなってきた。……胸が、きついのだ。


 私が稽古着の胸元を僅かに開くと、封じられていた熱気がむわっと溢れ出し……今にも溢れてしまいそうな双丘が覗いてきた。しとどに汗ばんだ私の谷間には、滴る汗が地上を目指して集まっている。

 ……動く度に揺れて邪魔になるから、先程さらしを強く巻いたばかりだというのに。私は昔から身長に対して、この辺りの発育が早すぎるきらいがあったのだが――威流様は、どんな胸がお好みだろうか。


「……っ!」


 よりにもよって、神聖なる獅乃咲家の道場でそんな考えが過った自分を恥じて――私は胸元を直すと、身を清めるべく浴場へ向かった。


 でもやっぱり……気になってしまう。認めたくはないけれど、それでもやはり……私はまだ、「子供」だから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

赤き巨星のタイタノア オリーブドラブ @HAWK

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画