第11話 神は力を、人は勇気を

 膝を震わせ、腰が引けながらも。両の脚だけは、大地を固く踏みしめている。怯えつつも大怪獣の凶眼から目を逸らさず、タイタノアはこの戦地に踏み止まろうとしていた。


「父上が、戦いに……! まさか、このような日が来るだなんて……!」

「タイタノア……戦ってくれるのか!」


 その確かな「変化」に、威流とルクレイテは歓喜の表情を浮かべていた。特に娘のルクレイテは、父が「神」の名声に見合う姿を見せてくれたことに、感涙すら流している。


『ぬぉおぉ! もはやこうなれば破れかぶれ! 余の名誉に懸けて、必ずや貴様をギッタンギッタンに――!』


 そんな彼らと、驚嘆するパイロット達を背に。タイタノアは己を鼓舞するように雄叫びを上げ――飛びかかるのだが。


『ヒィィッ!』


 振りかぶられた豪腕。その先にある鋭い爪が、閃く瞬間。彼は今にも泣き出しそうな声を上げ、頭を抱えながらしゃがみこんでしまった。

 急速に身を屈めたことで、大怪獣の爪は空を裂くのみに留まる。


『アヒィ!』


 だが、その直後に飛んできた蹴りが、顔面に直撃してしまった。下顎から蹴り上げられた彼の巨体が、宙を舞い後方へ転倒してしまう。

 プロテクターで固められたタイタノアの巨躯が、地響きを立てて大地に墜落し、轟音が天を衝く。


「……父上……」

「くっ、やっぱり数百年も寝たきりじゃあ戦い方が……!」


 そんな父の醜態を見せ付けられ、ルクレイテの涙も引っ込んでしまった。一方威流は、たどたどしいタイタノアの挙動に苦々しく顔を歪めている。


 すると。痛みにのたうちまわりながらも、なんとか立ち上がろうとする巨人の前に――火炎放射の灼熱が収束した。


「――! まずい、タイタノア伏せろッ!」

『ぬひぃッ!?』


 それに勘付いた威流が、咄嗟に光線銃をタイタノアの頭上に撃ち放つ。その閃光に怯えた巨人が、条件反射で地面に突っ伏した瞬間――大怪獣の猛火が、彼の真上を通過して行った。

 威流の機転が間に合わなければ今頃、タイタノアは大怪獣の火炎放射を至近距離で浴びていただろう。


『あ、熱いぃい! 頭に火、火、火ぃい! ファイヤーヘッドぉおお!』

「しっかりしろタイタノア、今の程度なら掠ってもいない!」


 それでも余波の熱気は残っていたらしく、タイタノアは四つん這いになって逃げ惑いながら恐怖に震えていた。そんな彼に、威流は懸命に言葉を投げかけ続ける。


(だけど……!)


 辛うじて直撃は避けた。しかしタイタノアは再び戦意を折られてしまい、情けなく逃げ惑っている。


「見て、竜也! あのロボットの動き……!」

「……どう見てもど素人な身のこなしだな。ガキみてぇだ」

「一体、何が起きているの……!?」


 それに加え、空で膠着状態になっていた仲間達も、苛烈さを増していく大怪獣の猛攻を前に攻めあぐねているようだった。


『空戦艇部隊! なんとしても、なんとしても主神タイタノアをお守りしろ!』

『りょ、了解っ――きゃあっ!』

『ファイター2っ!』


 ――このままでは、徐々に戦力を刈り取られ、いずれは全滅してしまう。威流がそう危惧する中、後頭部を殴られ悲鳴を上げながら、タイタノアがこちらに倒れ込んでくる。

 幾度となく数万トンの衝撃を受けたためか、その周囲には痛ましい地割れが広がっていた。


『ひぐっ、うぅっ……や、やはり、やはり余にはあやつを倒すことなど……』

「タイタノア……!」

「父上……」


 もはや、タイタノアに戦える意思はない。そう判断した威流は光線銃を構え、玉砕覚悟で大怪獣を睨み上げる。ルクレイテも父を守ろうとするかのように、威流の傍らに寄り添った。


『……ぬぅ、う……これしか、やはりこれしかないというのか……!?』

「タイタノア……?」


 ――だが。泣き喚き、醜態を晒しながらも。タイタノアの心はまだ、折れ切ってはいなかった。

 彼は割れた大地に手を掛け、切り立った崖を砕きながら身を起こすと……そのバイザーで覆われた眼で、威流と視線を交わす。


『……ヒュウガ・タケル! 余と合体すれば……貴様の技なら、あやつを斃せるのだな!?』

「……!」


 そして、その口から出てきた一言に……威流は瞠目する。あれほど戦うことや、合体を拒んできたタイタノアが――


『……よいか、ヒュウガ・タケル! 余は、神だ! 例えなんと言われようと、この星の民にとって、余は最後の拠り所なのだ!』

「タイタノア……」

『だが、余の技ではあの大怪獣にはどうやっても勝てん! 知っての通り、余はチキンであるからな!』

「……」


 ――自ら、協力を求めてきたのである。


 その決断を前にして、威流は毅然とした面持ちになり……深々と頷いてみせた。

 彼の勇気をふいにはしない。その献身に応え、必ず奴を倒すと――誓うように。


『――故に、故に! 主神タイタノアの名の下、今ここに命ずる! ヒュウガ・タケルよ!』

「……あぁ!」


 やがて、タイタノアの胸当てが開き――その中から、威流を誘うような光が流れ込んでくる。

 彼の意思を察した威流は、その輝きに身を委ね――巨神の胸中へと、己の身を投じて行った。


『怖いから、さっさとあの怪獣なんとかせい! 余の……余の力を以てしてなぁ!』


 そして、威勢に溢れつつも情けなさが抜けない、巨人の叫びと共に……プロテクターが閉じられた。


「……よく言った! あとは、全部任せとけッ!」


 ――威流の、自信に満ち溢れた雄叫びが、それを飲み込んだのは。その、直後である。


 ◇


 タイタノアが威流を受け入れ、両者の「合体」が実現した瞬間。巨人の全身が眩い輝きを放ち――辺りを包み込んで行った。


「なんだ……あの光!?」

「ロボットが……!」


 そんな突然の変化に、円華や竜也が目を見開き。


『こちらファイター1! 主神タイタノアが……激しく発光しています!』

『何が起きているというのだ……!?』


 空戦艇部隊の面々が、驚嘆の声を上げていた。


「……ここは……!」


 ――その頃。開かれたプロテクターからタイタノアの内部に進入していた威流は、彼の「視界」が辺り一面に広がった部屋に辿り着いていた。

 気がつけばその手足には、機械のコードのようなものが絡み付いている。タイタノアの神経系と連結しているそれは、威流の動きとタイタノアの動きを共有させていた。


(腕が、足が、身体中が……タイタノアと繋がっている! これが、ルクレイテさんが言っていた「合体」なのか……!)


 戦死もしくは脳死により、自ら体を動かせなくなった機械巨人族の体を、代わりの「脳」が操作する。それを目的として生み出された、このシステムを使い――威流は生きながら己の身を委ねたタイタノアの身体を、自分のものとしていた。


「凄い……これなら!」


 その力を、理解した瞬間。威流は沸き立つ衝動の赴くまま――大森林の上に、雄々しく立ち上がり。


「はぁあッ!」


 後方から襲いかかってきた大怪獣の顔面に、俊速の裏拳を叩き込んだ。巨大な鉄拳が弧を描き、鋼の鱗を叩き割る。


「……!? た、竜也、今の!」

「ロボットの動きが変わった!? しかも、今の裏拳……!」


 顔面から鮮血を噴き出し、後方へ引き下がる大怪獣。その異様な光景に、上空から巨人の豹変を目の当たりにした竜也と円華が、驚愕の声を上げた。


「トアァアァッ!」

『ぬぉおぉお! 怖くなんか怖くなんか怖くなんかぁぁあ!』


 初めて見せた「怯み」。そこを突かないわけにはいかない。

 威流はタイタノアの拳と獅乃咲流空手を武器に、一気に攻め立てた。矢継ぎ早に飛び出す突きと蹴りが、大怪獣の体を打ち据え、その身を覆う鱗を砕いていく。


「せぁあッ!」

『あひィィイ! や、ヤケクソじゃああ! 特攻じゃあぁあ!』


 その怒涛の攻めに、大怪獣だけでなく当のタイタノアまでが恐怖していた。だが、もはや他に手はないと知っている以上、威流を追い出すわけにもいかず……泣きながら自棄になっている。


獅乃咲流しのざきりゅう――波濤精拳はとうせいけんッ!」

『なんじゃこれぇえ!? なんか出たぁあぁあ!?』


 そこへ、畳み掛けるかの如く。タイタノアの両掌より出ずる真紅の「気」が、球体の波動となり――大怪獣の巨体に、炸裂した。その躰を覆う鱗が、次々と剥がされていく。


「見て……! あれは間違いなく、威流の技よ!」

「一体、何がどうなってやがんだ!?」

「わからない……でも! 放ってはおけないわ!」


 一方、円華達はタイタノアの挙動から獅乃咲流空手の技を感じ取っていた。理解を超える事態の数々に、頭を悩ませながらも……彼らは仲間と同じ技を使う巨人を救うべく、機体を下方に滑らせていく。

 ――彼を死なせてはならない。兵士としての直感が、彼らを最前線へと導いていた。


 ――やがて。大怪獣の第2の兵器である凶眼が、妖しい光を纏い始めた。


「危ないッ!」

「いつまでも良い格好させっかよ!」


 それに勘付いた瞬間。先ほど受けたダメージを思い返し――2人は同時に、両方の眼にレーザー砲を撃ち込んだ。一条の閃光が禍々しい眼を抉り、そこからさらに鮮血が噴き上がる。

 視力を奪われた大怪獣は慟哭とともに、全てを焼き払わんと大顎に灼熱を充填させていく。かつてないほどに巨大な火球が、その牙の間に収束していた。


 ――しかし、その業火は不発に終わる。


 今度は飛行艇部隊のレーザー掃射が、豪雨の如く降り注いだのだ。閃光の嵐が、大怪獣の頭上に襲い掛かっていく。

 タイタノアの鉄拳により鱗を剥がされ、その下の体表を露わにされていた大怪獣は――無防備な肉体に熱線を浴び、絶叫を上げていた。


 大顎に充填されていた火炎放射は、苦し紛れのように大空へ放たれるが……その頃には既に、円盤の群れは近辺から退避している。


『レーザー砲、体表に命中! 怪獣の動きが鈍っています!』

『よし、いいぞ! 勝利とサインはもうすぐだ!』

『神官長! 私情がダダ漏れです!』


 流れは確実に、こちらに来ている。戦局の変化からそれを感じ取った威流は、タイタノアの身体で獅乃咲流の「奥義」を放つべく、その巨大な拳を構えた。


「これで決めるぞ……! こうなったら、最後まで付き合えよタイタノア!」

『う、うるさい! 怖いこと言ってないでさっさと――どひぃぃいい!』


 天を衝くかの如き、跳躍。雲さえ穿つほどの高みへ舞い上がり、手刀を振り上げるタイタノアは――自分の身体で好き放題され、かつてないほどに泣き喚いていた。

 だが、その悲鳴を聞きながらなおも、威流は躊躇うことなく「奥義」の手刀を振り下ろしていく。彼に神として相応しい働きをさせるには、心を鬼にするしかないのだと。


「獅乃咲流ッ――!」

『ぬぉおぉおぉおッ! 余は、余はっ――神だぁあぁぉぁあぁぃっ!』


 その想いが、導くままに。


 赤き巨星の手刀が、天の裁きの如く。


「――兜両断閃ッ!」


 鱗を剥がされ、視力を失い、死を待つ肉塊と化した、かつての大怪獣に――引導を渡した。


 頭頂から、紙のように引き裂かれていく命が、塊となり、破片となり、四方八方へ離散していく。

 善も悪もなく、ただ己の生態圏を拡大するためだけに生きる、獰猛にして純粋な怪獣軍団は――ここに。


 完全な終焉を、迎えるのだった。


「や……やりやがったぜ、あいつ……。まさか、威流の空手で怪獣を……」

「威流……! やっぱり、あなたが……!」


 あまりの光景に、誰1人言葉を発せられずにいる中……いち早く状況を飲み込んだ2人の「救世主」が、感嘆の息を漏らす。

 やがて、そこから伝染するかのように――「大怪獣の死」と「主神の勝利」を悟り、我に帰った飛行艇部隊の面々が、爆炎の如き歓声を上げていた。


『神官長! やりました! 我らが主神タイタノアが、ついに大怪獣めを……!』

『ファイター3も無事です!』

『そうか……! 皆の者、よくやった! よくやってくれた、本当に……!』


 勝利に酔い痴れ、黄色い叫び声を上げ続ける神官達。「神に仕える淑女」にあるまじき「民」としてのその素顔を、ルクレイテは――超能力を通して見つめていた。


「父上……タケル様……」


 だが、その眼に非難の色はない。長く苦しい時を経て、ようやくこの星は怪獣という脅威から解放されたのだから。今くらいは、無礼講……というわけである。


 やがて彼女の熱い視線は――この平和を齎した父と救世主に向けられた。巨人の背を見上げる巫女の瞳には、もう引っ込むことのない感涙で溢れている。


「ふぅっ……やったな、タイタノア。これは、あんたの勇気で掴み取った勝利だ。これでもう、誰にも恥じない立派な神様だな!」

『……』

「タイタノア?」


 ――そして。災厄の根源を討ち取り、この星と地球に平和を取り戻した救世主は、共に戦った主神の顔色を伺う。

 神としての名誉を守る、という悲願は達成されたというのに、どうにも反応が薄い。そんなタイタノアの様子を気にかけ、威流が声を掛けた――途端。


『ぬほぉおぇぇえ! やったぁああ! やったぞぉぉお! 余が、この余がぁあぁ! あの宇宙怪獣をぉぉお! 討ち取ったぁあぁあい!』

「うぉわぁっ!?」


 ――今度はタイタノアが、若干遅れて狂喜乱舞し始めたのだった。感激のあまり胸のハッチが開いてしまい、威流はそこから巨体の外へと放り出されてしまう。

 幸い、すぐ真下に大きな木があったため、威流は大量の枝葉をクッション代わりにして難を逃れていた。緑葉塗れになりながら、救世主は眉を潜めて踊り回る巨人を見上げている。


「……!? 竜也、あのロボットから威流が!」

「オイオイ……何でもありかよ、この星は」

「じゃあ、大怪獣を倒したのは……!」

「……そういうこと、らしいな。やれやれ、コスモビートルのパイロットが空手の修行なんかして何になるんだ――って思ってたが。案外、バカにならねぇもんだな」


 その瞬間を目撃した円華と竜也は、全てを悟ると狐につままれたような表情を浮かべていた。

 ――人が巨大ロボットの中に乗り込み、手足を操って怪獣を倒した。そんな話をどう上に報告すればいいのか……と、竜也は頭を悩ませている。


『やったぁあ! やったぞルクレイテぇえ! 父上はやったぞぉおおん! うぉおぉおん!』

「ちょっ……おい! せっかく皆にいいとこ見せたばっかりなのに、なに泣いてんだよ! 威厳はどうしたんだ威厳は!」

『うぉぉっほぉおおん! うおぉおぉん!』

「……ったく」


 ――そんな周囲の反応や、自分を見上げる威流の呆れ顔など、おかまいなしに。タイタノアは先ほどまでの臆病さが嘘のように、喜びのまま踊り狂っていた。

 威流はやがて、そんな彼を「手のかかる兄弟」を見るような眼で見つめ、苦笑いを浮かべる。……彼がいる大木の近くまで駆け寄ってきたルクレイテも、父の姿を苦笑気味に見上げていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます