甘い夢が覚めても

作者 早瀬翠風

タイトル回収が神でした。恋愛小説好き必読!

  • ★★★ Excellent!!!

何処から、この素晴らしい作品の説明をしたら良いかと悩みます。

まずは、美しい地の文章でしょうか。
幻想的な描写もありますが、心情を比喩する能力が異常なまでに長けている。場面に合った心理描写は読み手が期待している言葉をストレートに書かれています。登場人物の心を多角から描写する手法は一級品と言わざるおえないでしょう。

物語の構成も、出だしから読み手を引き込む要素が沢山撒かれており、自然と読み進めてしまう。ここで重要な物語進行の秘訣のようなものがありまして……疑い出したら切がない恋人の心情です。この人は悪人なのか。それとも信じてよいのか。

私は拝読中に最悪の展開を予想しました。すべて策略。すべては偽りの……

最後まで何かが破綻してしまい壊れてしまいそうな、綱渡りの精神で読み耽てしまいました。

どんな内容かは、どうか読んでみて下され。

波乱な展開と美しい世界に誘われてみてはどうでしょうか?

一読必見です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

イギリスの社交界で、「冷たい薔薇」と呼ばれる公爵未亡人のアメリアは、本当は庭いじりやジャム作りが大好きな素直で可愛らしい女性です。
そんな彼女が笑わない理由。
それは、欲しいものを求めることが許され… 続きを読む

ゆうけんさんの他のおすすめレビュー 213