甘い夢が覚めても

作者 早瀬翠風

冷たい薔薇の内に秘められた想いは、まるで茨に絡め取られた蝶のよう──

  • ★★★ Excellent!!!

イギリスの社交界で、「冷たい薔薇」と呼ばれる公爵未亡人のアメリアは、本当は庭いじりやジャム作りが大好きな素直で可愛らしい女性です。
そんな彼女が笑わない理由。
それは、欲しいものを求めることが許されないから。

けれども、彼女の思いを心の内に固く縛りつけているのは、彼女自身の頑なな倫理観や周囲のしがらみに他なりませんでした。
そんな風に雁字搦めになった茨を、クイルが優しく、時に情熱的にゆっくりと取り除いていきます。

それに加えて、アメリアの幸せを願う存在が大樹のように周囲の環境から二人を静かに守ります。

ゆっくり、ゆっくりと彼女を絡め取る茨が取り払われ、蝶が羽ばたき、薔薇が綻ぶ。
そんな様子を甘く美しく描いた素敵な作品です(*^_^*)


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

侘助ヒマリさんの他のおすすめレビュー 560