希死念慮

作者 紅蛇

6

2人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

世界に愛されぬ寂しさから何度も心中を試み、その度に自分だけが生き残ってしまう主人公の独白。
一見、狂っているように見えますが、冷静に読むと共感できます。「不死の悲しみ」と「生の悲しみ」には差がないのかもしれないと思いました。