後編

「どうしたの? 帰ってからずっとむすっとしちゃって」


 夕ご飯を食べているとき、お母さんが俺の顔を見て言った。


「別に、なんもないよ。ヨシノブたちと海に行って、それからと会って色々話して……疲れただけだよ」


「そう? でもなんだか、長谷川さんに会いに行く前と後で全然表情とかテンションが違う気がするんだけど」


「そりゃ、疲れたらこうなるさ。一晩寝たらスッキリするって」


「そう? なら良いんだけどね。あ、それと、宿題ちゃんとやってる?」


「なんだよ急に。夏休みは始まったばかりだし、これからやるつもりさ」


「あんたねえ。いっつもそんなこと言っておいて最後まで残して、夏休みが終わる一週間前にてんてこ舞いしてるじゃない。

 去年だってお母さんとお父さんに泣きついてたでしょ!」


「今年は違うの。今年からはちゃんと計画的にやるって決めたの」


「どうだか。ねえ、お父さんからもビシッとなんか言ってあげてよ。今言っとかないと、後で困るのはタケルなんだから」


 そう言ってお母さんはお父さんの指示を仰ぐ。

 お父さんは今まで黙々とご飯を食べていた手を止めて、口を開く。


「そうだなあ……タケル。学生の夏は宝物みたいなもんだからな。出来る限り自分の好きなことをしなさい」


「ちょっとお父さん?」


「まあまあ、母さん。いいかタケル。今、お父さんは出来る限り好きなことをしなさいって言ったよな? これはな、全部遊べってわけじゃないんだ。自分の好きなことをする時間を出来る限り、自分で作れってことなんだ」


「自分で作る……」


「そう。自分で作る。ゲームだって、一日中やったら大抵は飽きるだろ? 宿題とか、勉強だってそうだ。後でまとめてやるから辛い。分けてやればいいんだ」


「なるほど」


「しっかりペースを決めてその通りにやる。どんなことがあっても、決めたことは最初にやる。そのあと、思いっきり遊ぶ。

 それだけで気付いたら、宿題は終わってる。あんまり難しく考えるな」


 正直、ユイのことが気になっていて、お父さんの話はあまり頭に入ってこなかった。

 それこそ、お母さんの手前計画的にやるなんて言ったが、宿題なんてどうでも良かった。


「……まあ、夏休みは今日から始まったんだろう? お母さんもそうガミガミ言ってやるな」


「そうだけど……」


「——さあ、ご飯ご飯! ご飯はあったかいうちに食べないとな!」


「もう! お父さんったら!」




 夕ご飯を食べて、見たいテレビがあったけど、俺はすぐ自分の部屋に戻った。

 椅子に座って、ユイから貰った千円札を眺める。そのまましばらくぼーっとしていると、部屋のドアがコンコン、とノックされた。


「おーい、お父さんだー。部屋入るぞー」


 そう言って、お父さんが部屋に入る。手にはアイスを持っていた。


「アイスだぞー。冷たくてうまいぞ」


「あ、ありがとう」


「タケル、お前なんか悩んでるな?

 まあ思春期だから、俺たちには言いづらいこともあるだろうな。でも、お父さんだってタケルの力になってやりたい。相談だっていくらでも乗ってやる。だから、言いたくなったら言えよ」


「うん。ありがとう」


「おう」


「早速なんだけど、お父さん」


「おう?」


「お父さんも中学生の頃に好きな人とかいたよね?」


「ああ、そりゃあもちろん。可愛い子には目がなかったな」


「その……好きな人が急に転校しちゃうってなったら、お父さんならどうする?」


「うーん、どうだろうなあ。そりゃ難しい質問だな……

 まあ、少なくともお父さんも今のお前みたいに悩むかな。悩んで、悩んで、とりあえず引っ越す前になんでもいいから、会いに行く。悩んでても答えなんか出ないからな」


「それがさ、今日会ってきたんだよ。その子に。で、喧嘩ってほどじゃないけど……ちょっと……」


「喧嘩……なんでそうなったんだ?」


「それは……」


「ん? なんだよ、お父さん相手に今更恥ずかしがることも無いだろ」


「……ユイが、俺のことを名前で呼んでくれないんだ」


「名前で呼んでくれない? そりゃまたどうして?」


「ずっと俺のこと、君って呼ぶんだ。クラスの他のやつには苗字だったり、名前だったりで呼ぶのに」


「なんでか長谷川さんに聞いたのか?」


「聞いたよ。聞いたら、逆に怒られて……」


「怒られてって、長谷川さんはなんて言ってたんだ?」


「なんで私と話してるときだけ一人称を僕にしているの? って」


「なんだ、その子と話すときお前、僕って言ってんのか?」


「うん」


「緊張してんのか?」


「そういうわけじゃないんだ。前に、クラスの女子が言ってたんだ。一人称は俺よりも僕の方が印象が良いって。だから……その、嫌われたくなくて……」


「でもお前、お父さんや母さんと話すときは俺じゃないか。あと、前にヨシノブ君と電話しているときも俺って言ってたじゃないか」


「それは、普段の癖で……」


「……そうか、なるほどなあ。

 なあタケル。その長谷川さんが、お前のことだけを君って呼んでることに気がついたとき、どうだった?」


「すごく、嫌だった。なんでだろうってずっと考えてた」


「だよな。でもな、その子もきっと同じこと考えてたんじゃないか?」


 お父さんの言葉で、気づいた。そうか、そうだったんだ。


「気づいたみたいだな。……でも、なんだよ。お前たち二人とも似た者同士じゃないか。心配して損した。じゃあ、俺はそろそろ退散しようかな」


 そう言ってお父さんがドアノブに手をかける。


「おい、引っ越す前に会ってこいよ。後悔する前に、いつも通りのお前で」


「うん。そうする。おやすみ」


「おう、夜更かしすんなよぉ〜」


 俺はもう一度、ユイから貰った千円札を見る。そして、カバンからあの15センチ定規を出して、千円札と並べる。

 やっぱりそうだ。千円札も定規も、同じ15センチだったんだ。


 ・8月5日 (土):曇り


 あの夜からもう二週間。

 俺は宿題の数学のワークの最後のページを解いていた。この二週間、俺は宿題にかかりっきりだった。

 お父さんは分けてやったほうが良いぞ、と言っていたけど、明日までまでに間に合わせなければいけない理由があった。

 何度かヨシノブたちから遊ぼうと誘いがあったが、全て断った。明日からの全ての時間を自分の好きなことをするための時間にしたかったから。


 ——最後の問題は、定規が必要だった。


 俺はあの、思い出の15センチ定規を出す。

 思い出に涙が一粒、ポツリと溢れる。理由は分かっていた。

 明日はユイが引っ越してしまう日なんだ。

 思い出で視界が滲んで、問題がうまく頭に入ってこない。

 俺はペンと定規を置いて、あの千円札を取り出し、また蛍光灯の光に透かして眺める。


「タケル、長谷川さんから電話がかかってるわよ!」


 なんの前触れもなしに、ドア越しに聞こえた声。お母さんだ。


「分かった。今すぐ行くよ」


 長谷川さんからの電話。その言葉に俺は部屋を飛び出した。


「もしもし?」


「もしもし。久しぶり」


 受話器の向こうのユイはいつも通りの声だった。


「どうしたの?」


「いや、なんとなく君の声が聞きたくなって」


「そっか。……明日だよね? 引っ越していっちゃうのって」


「うん。今、荷造りしてる。……もうすぐ全部終わる」


 俺はそれを聞いて、また泣きそうになった。


「今までありがと。楽しかった。本当にありがと……」


 ユイの声が次第に震え始めた。


「ごめんね……それじゃあ、もう切るね? ……バイバイ」


 ユイが電話を切ろうとする。


「ま……待って、ユイ!」


「……何?」


「明日、何時に出発するの?」


「お昼の12時だけど……」


 俺は決めたんだ。絶対に後悔はしない、って。


「絶対に見送りに行く。だから、待ってて。それじゃあ」


 ユイの返答も聞かず、俺はそれだけ言って電話を切った。


 ・8月6日 (日):晴れ


「よし。忘れ物は無いな」


 俺は靴紐をしっかりと結んで、家の玄関を開けた。

 玄関を開けたとたん、夏の日差しが俺の体をさす。


 ユイの家までは自転車で10分かかる。

 この10分間は、とても長く感じた。多分、人生で一番。


 ユイの家の前には、引っ越し屋さんのトラックと、ユイの家の乗用車が停まっていた。

 もう出発かと焦って家の門の前を見ると、カバンを持ったユイが立っていた。


「ユイ!」


 俺は自転車の上から、ユイに手を振る。


「来てくれたんだ」


「当たり前だろ? 自分から言いだしたことなんだから」


「そっか。そうだよね。でも、嬉しい」


「……もうそろそろだね」


「うん。この町とも、君とも、もうお別れ。車に乗って、ちょっと眠ったらもう次の家」


「もっと、ユイと話したかったな」


「君と席が隣になってからだもんね。私たちが話すようになったのって」


「ユイが隣になって……定規を忘れて困ってて」


「それで、君が快く定規を貸してくれて。そこから始まったんだよね。でも、もう終わっちゃう……」


「ユイ。やっぱり、まだ……まだ終わらせたくない」


「でも……」


「……考えてたんだ。あの千円札のお返し。ユイに何か、お礼がしたかった。でもユイと一緒で、何も浮かばなかった。何を選んでも、しっくりこなかった。だから……」


 俺はここで言葉に詰まる。泣かないと決めていたはずなのに、涙が頬を伝う。


「良いよ。その気持ちだけでも嬉しい。それにずっとお世話になってたのは私の方——

 ねえ、最後に教えて? なんで私と話すときだけ、自分のこと僕って呼んでたのか」


「笑わない?」


「笑わないよ」


「……クラスの女子が、一人称は俺よりも僕の方がカッコいいって言ってて、それで……」


「でも、なんで私のときだけ?」


「ユイに……ユイにだけは嫌われたくなかったんだ。だから……」


「そっか。そうだったんだね」


「ユイも教えてよ。なんで名前で呼んでくれなかったのか」


「……私ね、お父さんの仕事のせいで色んな学校を転々としてて、あんまり仲の良い子も出来なかったの。男の子なら、なおさら」


 ユイが空を見上げる。涙がこぼれ落ちないようにしているみたいだ。


「それで、段々友達を作ることが嫌になっちゃってね。仲が良くなってきたら、突き放すようにしてたの。

 だって……仲良くなればなるほど、別れが辛いから……」


「それで……」


「だから……、お礼をしようって思えたり、わざわざ見送りに来てくれたり、ここまで仲良くなったのは……別れが辛いのは、君が……」


 昨日のように、ユイの声が震える。


が……初めて」


「ユイ……」


 俺は、居ても立っても居られなくなって、ユイを抱きしめた。


 俺たちは、15センチほどの距離でしか触れ合ってこなかった。

 ユイがこんなに悩んでいたことに、なんで今まで気づかなかったんだろう。つまらないことなんて考えないで、もっと早く、抱きしめてあげれば良かった。


「タケル……苦しいよ」


「あ、ごめん」


「ふふ。抱きしめられちゃった」


「い、嫌だったか?」


「全然。でも……そうだなあ、私を抱きしめた分のお礼はして貰おうかな?」


「お礼?」


「定規、貸してよ」


 そこにはいつもと変わらぬ笑顔のユイがいた。


「って、さすがに持ってきてないか。ごめん、今の無し——」


「……いつか、ちゃんと返せよな。の定規」


「あ、持ってきてたんだ……。ありがと。

 それと……ふふ。やっと俺って言ってくれたね。

 ……いつ返せば良いかな?」


「そうだなあ……俺たちが高校を卒業した年の今日。またあの公園で会おうよ。そのときに」


「なんかロマンチックだね。……そういうの、嫌いじゃないかも」


 そう言ってユイは俺から定規を受け取って、大事そうにカバンにしまった。


「ユイー! そろそろ行くわよー!」


「はーい! じゃあ……もう私行くね」


「ああ。……またな!」


「うん。またね」


 そうしてユイは、車に乗って、次の家へと向かって行ってしまった。

 俺は車が見えなくなるまで、手を振り続けていた。




 家に帰ってきて、「どうだった?」とパパラッチと化したお母さんを無視して、俺は自分の部屋に向かった。

 机の上には、宿題として出されている数学のワークが、宿題をしていたときのまま、広げられていた。


「そうだ……。俺、最後の問題だけやってなかったんだっけ……」


 あの定規は、今はもう俺の手元には無い。


「それでも、解かなきゃな」


 俺はペンを取って、フリーハンドで線を引き始める。

 出来上がったのは、汚いけれど、確かな直線だった。



 *******



「懐かしいなあ……」


 俺は数学のノートを閉じて、呟いた。

 やっぱり昔の俺は青臭くて、恥ずかしかったけれど、懐かしかった。


「おっと! 荷造り、荷造り。サボってるー! ってまた怒られちまう。……って寝てんのかよ……風邪引いても知らないぞ?」


 あの夏から、10年。


 俺とユイを繋いだ15センチ定規。


 もうユイとは貸借りはしていない。

 俺の定規は今となっては、、俺は俺で、あの千円札を今でも大事に取っておいている。


 そもそも、返すも何もないんだ。


 だって今、俺の隣には……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

君のとなり いいたく @iitaku

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ