セイレネス・ロンド/歌姫は背明の海に

作者 一式鍵

圧倒的なドラマを、悲劇を、理不尽を――

  • ★★★ Excellent!!!

やっと読み終えました。
読んでいるうちに物語の濃さに圧倒されてしまいました。圧倒されて途中で止まってしまいました。
人間一人一人がちゃんと綺麗さを、穢さを持っていて、戦争という理不尽に呑み込まれていく。もう日本語が崩壊してしまうくらいに感想が出てきます。
続くマリオン編にも濃いドラマに期待します。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

赤崎シアンさんの他のおすすめレビュー 121