純白の女神

 気が付けばカティは、純白の空間にいた。セイレネスの生み出す論理空間である。


「やぁ、カティ」

「ヴェーラ……?」


 そこに一人の美女が佇んでいた。それは紛れもない、だった。


「セイレネスでは嘘はつけない」


 ヴェーラは寂しそうに言った。


「わたしは最期に、この姿をカティにも見て欲しい。それだけ思ってた」

「ヴェーラ……」


 カティはヴェーラをそっと、壊れ物でも扱うように、可能な限り優しく抱き締めた。ヴェーラもその身をカティに預けてくる。そこには全面的な信頼があった。


「いつかの約束、覚えていたんだね」

「忘れるもんか」

「ありがとう、カティ」


 ヴェーラの囁き声ウィスパーボイスに、カティは胸が詰まる。


「果たせそうには、ない、けどな」

「来てくれただけで本当に嬉しいんだ」


 ヴェーラは微笑む。


「カティに会えて良かった。カティも歌姫セイレーンだったんだねぇ」

「……マリアに助けてもらってるんだ」

「マリアとはもう、お別れを済ませたから」


 カティの腕の中で、ヴェーラは目を伏せつつ口角を上げる。無理矢理に、笑った。


「なんで笑うんだ?」


 カティは怒ったように訊ねる。ヴェーラは白金の髪に手をやり、毛先をくるくると回して見せた。


うだけなら、お気に召すまま――だからだよ」

「本音は、声を上げて泣きたいわけか」

「……うん」


 ヴェーラは少し迷い、そして肯いた。カティは再びヴェーラを抱き締める。


「なら泣けよ。泣いてしまえよ」

「うん……」


 カティは唇を噛みながらヴェーラの髪を撫でた。ヴェーラはカティに縋りつきながら、声を上げて泣いた。それはまさに慟哭だった。


 どれほどの間そうしていたのか。カティは瞬きも忘れて、腕の中で震えているヴェーラを見つめていた。言葉が何も浮かばない。どんな声も発せない。


「カティ」


 ヴェーラは涙に濡れた顔を上げた。


「お別れ、だね」


 その呟きを聞くや否や、カティは咽び泣いた。もう止められなかった。止めようという気にもならなかった。何か大切な糸が切れてしまったかのように、カティは泣きじゃくった。そんなカティの真っ赤な髪を、ヴェーラの白い手がそっと撫でる。


「カティと出会えて、本当に良かった」

「アタシも……。今のアタシがあるのは、お前がいてくれたからなんだ」


 カティはヴェーラを抱き締めた。強く、痛がるのも構わずに、強く、抱いた。ヴェーラもその細い腕で、力いっぱいカティを抱き締める。


「さよなら、カティ」

「ヴェーラ……!」


 ヴェーラが光となって消えて行く。消えて行ってしまう。腕の中に捕まえていたはずなのに、少しずつ軽く小さくなっていって――。


「ヴェーラァァァァッ――!」


 消えてしまった――。


 アタシの腕の中から、消えてしまった――。


 カティは白い床に膝を付き、あまりにも巨大な喪失感と虚無感に打ちのめされた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます