#31:絆

#31-1:飛来

飛び立つ女帝

 敵艦隊を殲滅し、母艦リビュエに着艦するや否や、カティは艦橋へと急いだ。


「状況は! 状況はどうなってる!」


 その怒声に、通信班長が即応する。


「先ほど交戦を開始したということです。勢力としては第一艦隊が圧倒的劣勢、第二艦隊による殲滅も時間の問題という分析結果が参謀部第三課より出されています」

「三課か!」

「はっ。第六課もそれに関しては同意せざるを得ないと……」


 遅かったか!


 カティは切れるほど唇を噛み締めると、艦橋から飛び出した。


「おっ、隊長!」


 愛機エキドナへの途上で、ナルキッソス隊隊長エリオット中佐と遭遇する。だがカティは手を挙げる暇も惜しんでその脇を走り抜けようとする。だが、エリオットはそんなカティの右肘をがっちりとホールドする。


「今いそがしい!」

「あいつらの所に行くんじゃないでしょうね!」

「そのつもりだ」

「そりゃダメだ」


 エリオットは全身の力を込めてカティを制止する。だがカティもそんなものに屈するほど華奢な乙女ではない。


「気概も認めるし、心情もわかる。でもね、ダメだよ隊長。いくら何でもあんだけの空戦かました後に二千キロも飛んで行くのは無茶過ぎる。どんな化物でも集中力が持ちやしねぇっす!」

「それでもだ! それでもアタシは行く!」


 エリオットを引き摺るようにして、愛機エキドナの目の前まで辿り着きはしたものの、エリオットはなおも手を放さない。


「手を放せ!」

「わかりっした」


 エリオットはパッと手を放したかと思うと、後ろからカティを抱き締めた。


「なっ、何をする!」

「大事な隊長を行かせるわけにゃ、いかんのです」

「そ、それでも! アタシには約束がある!」

「それでもっす。隊長の約束が何かだなんて野暮なこたぁ訊きやしませんけどね。俺はあんたみたいな人にみすみす危険な真似はさせたかねぇんです」


 何とかエリオットの腕を払いのけようとするカティと、ますます強く抱き締めるエリオットが、至近距離で睨み合う。


「アタシを誰だと思ってる! アタシは、アタシはっ!」

「隊長は、あんたは、俺の大事な人なんだよっ!」

「世迷言を聞いてやるほど暇じゃない!」

「世迷言なんかじゃねぇよ!」


 エリオットは怒鳴り、ようやくカティを解放した。


「俺は今、隊長をぶん殴ってでも止めなきゃならねぇ」

「帰ってから幾らでも殴られてやる! だから」

「ダメなんスよ! 後払い厳禁すわ!」


 いつの間にか騒ぎを聞きつけた整備兵やエウロスのメンバーが、周囲を取り囲んでいた。


「何してるんだ、エリオット」


 ジギタリス隊隊長、マクラレン中佐が二人の間に割って入る。


「隊長がどうしても歌姫セイレーンたちの所へ行くって」

「行かせてやれば良いじゃないか」

「何言ってやがる」


 気色ばむエリオットに臆することなく、マクラレンはがっしりとした両腕を組んだ。


「俺は隊長を信頼している。隊長は死なない。ましてやディーヴァと交戦なんて馬鹿な事はしないはずだ」

「アタシは、イザベラを倒しに行くんだ!」

「どうぞ」


 マクラレンはしれっとした顔で頷いた。


「エリオット、どさくさに紛れて隊長の手を握ってるんじゃないぞ」

「でもよ、俺は」


 手を剥がされたエリオットはあからさまに不機嫌な表情を見せる。マクラレンはそんな親友の肩を叩く。


「俺も心配です、隊長。ですが、止めても無駄な事はわかっています。したいようにしてください」

「マクラレン中佐……」

「今飛ばなければ、隊長は一生引きずり続けるでしょう? そういうタイプの根暗な性格なことくらい、我々にはお見通しですからね」


 図星を突かれ、カティは何も言えない。


「ということだから、エリオット、行かせてやれ」

「じゃぁ、俺が護衛に……」

「ダメだ――ですよね、隊長」


 マクラレンはエリオットの肩をまた叩いた。カティは頷く。


「そうだ、マクラレン中佐。これはアタシの、個人的な戦いセルフィッシュ・スタンドなんだ」


 カティはエキドナに乗り込みながら、そう答えた。そして眼下にいる二人の中佐に軽く敬礼をして見せる。


「帰ってきたら殴られてやるよ、エリオット中佐」

「一晩説教しますからね、隊長」

「一晩でも二晩でも付き合うさ」


 カティはキャノピーを閉め、リビュエから飛び立った。眼下には戦艦空母アドラステイアの威容も見えた。副隊長のカルロス・パウエル中佐にアドラステイアを任せたのは正解だった。もし今、彼がリビュエにいたとしたら、力づくで止められていたに違いないからだ。


『隊長! 何してるんですか!』


 そら来た。カルロスからの緊急通信だった。


「アタシは約束を果たしに行くんだ。エリオットもマクラレンも知っている。決してついてくるな!」

『しかし隊長、それは!』

「個人的な思いでエキドナを動かした落とし前は、あとでキッチリつける。そしてアタシはちゃんと五体満足で帰ってくる。今まで通りだ!」

『ですがっ!』

「命令だ! エウロス飛行隊副隊長として、留守を守れ!」


 カティはそう怒鳴って、通信を強制終了させた。静かなはずのコックピットを、名状し難いが満たしてくる。そのは心地良く、睡眠薬でも飲んだかのような耐え難い睡魔をもたらしてくる。カティは歯を食いしばって襲い来る睡魔をやり過ごしつつ、ひたすらに東へと飛ぶ。戦場まで一直線。残り五百キロ。帰りの燃料はない。第七艦隊に拾ってもらわなければならないか――心許ない燃料ゲージを見ながら、カティはぼんやりと考えた。


『カティ、聞こえますか』


 マリアの声がを割って響いた。


「マリアか。帰還命令なら聞かないぞ」

『いいえ。このまま飛んでください』


 思わぬ言葉に、カティは「えっ?」と間抜けな声を発する。


『だいじょうぶです。そのまままっすぐ。急いで』

「りょ、了解した」


 エキドナはマリアによって示された方角へ針路を微修正する。驚くほどスムーズに、寸分の狂いもなく座標が修正されていく。


『カティ、この通信は、セイレネスを使って行っています』

「セイレネス……? 起動はしてないはずだけど」

『あなたが歌姫セイレーンだから』


 またまた――カティは乾いた声で笑う。それに今は、そんなことは実に些細な問題だった。


『姉様方の通信、聞きますか』

「……できるのか?」

『私を媒体にすれば。つらい内容かもしれませんが……』


 そう、だろうな――。


 カティは数秒間思案する。


「聞かせてくれ。どんなものであっても、アタシはヴェーラを感じていたい」

『わかり、ました』


 覚悟をもって。


 カティはヴェーラとアルマたちの会話に、耳をそばだてた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます