マリアによる種明かし

 混乱しているイザベラをよそに、モニタの向こう側ではマサリク大統領が演説を続けていた。


『異論があるのならば遠慮は要らない。申し出たまえ。その勇気ある提督を、イザベラ・ネーミア討伐の最先鋒に任じようではないか』

『しかしですな、大統領閣下。イザベラ・ネーミアなる人物をヴェーラ・グリエールの後釜に据えることについては、軍部は反対の立場――』

『嘘はやめたまえ』


 大統領は一言の下に切って捨てた。そう、それは嘘だ。イザベラ自身が拍子抜けするほどあっさりと、軍部はイザベラの就任を認めたのだ。根回しをしたマリアにしても驚いていたほどだ。


 大統領は仰々しく周囲を見回した。芝居がかった所作ではあったが、がっしりした体躯の俳優然とした男がそれをやると、不思議と様になって見える。これが大統領になる男のカリスマというものなのだろうかなどと、イザベラは感想を持つ。イザベラもといヴェーラ自身、何度か対談を行ったこともあるのだが、その時には今ほどの威厳は感じなかった。おそらくマリアというスーパーブレインのサポートを受けて、自信のようなものが現れているのだろう。


『いずれにせよ、だ。どんな民主的内訳たすうけつだったにせよ、軍はイザベラ・ネーミアを承認し、グリエールの後任として第一艦隊を任せたことは事実。ゆえに、軍部および議会は、この状況を打破する義務がある。そしてまともな視野を持ちたまえ。実情として、我々はここにいる少女たちに託すしかないのだ』

『しかし大統領、それでは文民統制シビリアンコントロールの大原則が』

『黙りたまえ』


 大統領は低い声で言う。


『文民統制は曲げてはならない国家の信念である。それは事実だ。だが、だからと言って、誠心誠意の想いを伝えることが間違えていると言えるだろうか。今、命を賭けるのは我々ではない。傷ついた歌姫セイレーンたちだ。その命を我々のために使ってくれと言うのに、なぜ我々は上に立って物を言う。矜持ある行為とは、足蹴にして人々を従える行為ではない。必要とあらば手を取り頭を下げ、あるべき未来を近付けるためにする行為のことだ。私は一人の人間として、歌姫たちに請い願う。この国を救ってくれと、私は心の底から願う』


 そして最敬礼をして見せる。明らかに動揺した様子で、アルマとマリオンは顔を見合わせた。


『だ、大統領閣下。顔をお上げください』


 アルマがどもりながら言った。大統領はゆっくりと頭を上げる。


『大統領のお気持ちは理解致しました。イザベラ・ネーミアの反乱を鎮圧するため、我々も全力を尽くします』


 そう言って敬礼し、マリオンもそれに倣った。


 演説劇はそれで終幕となったのだが、イザベラにはやはり大統領の発した一文が気になった。


 最初から兵器として――。


 イザベラは立ち上がると、すぐ目の前にいる艦長に向かって言った。


「連結室の方へ行ってくる。通常通りよろしく頼むね」

「イエス・マム。異状があればすぐに」

「うん、よろしく」


 言いながら艦橋を出て、速足でコア連結室に向かう。そしてセイレネスを起動するなり、マリアを呼び出した。


『姉様、どうしましたか?』


 マリアは姿を見せることなく、音声だけで応じてくる。今はそれどころではないのだろう。


「とぼけないでよ、マリア。さっきの大統領の演説だ」

「ああ、私の原稿です」

「だろうね」


 あっさりと認めたことに若干の拍子抜けを味わいつつ、イザベラは頷く。


「単刀直入に行くけど、さっき大統領は、最初から兵器としての道云々って言ってたよね。あれはどういう意味なの?」

『引っ掛かりました?』

「あたりまえだよ」

『そう、ですか』


 マリアは少し逡巡したようだった。何となくそんな様子がイザベラに伝わってくる。


『わかりました、姉様。秘密にする必要も今やありませんし、私個人としてもお伝えしておきたいことでもあります』

「冥土の土産、という意味かい」


 イザベラは笑った。マリアの表情はわからない。


『私や姉様方といった特殊な人材を除き、いえ、正確に言えば、Dディーヴァ級を除いては全ての人材に当てはまることです。セイレネス因子は、と呼ばれる、ヤーグベルテの遺伝情報の中に紛れ込んでいる記号のようなものです』

「ちょっと待って? いきなりわけのわからない話になってるよ?」

『まぁ……そうでしょうね』


 マリアは「うん」と一つ頷いたようだ。


『ですが、これは確かなことなんです。はヤーグベルテの遺伝子に潜む虚数情報です。これがセイレネス発動アトラクトに伴う波動に曝されることで卵が孵化し、その保有者が即ち歌姫セイレーンとして発現します』

「つまり、ヤーグベルテの血が入っている者なら、誰でも?」

『肯定です、姉様』

「まさかと思うけど」


 イザベラは唾を飲んだ。


「わたしたちが戦わされてる理由があるとしたら、まさか、そのため?」

『それは……飛躍しすぎかもしれません』


 マリアは少し歯切れ悪く言った。


『もしそうだとしたら、誰にもメリットがありません。歌姫で溢れきってしまえば、戦略的優位すら揺らぎますよ』

「でも、ヤーグベルテの遺伝情報なんだよね?」

『そうです。ですが、それは遥か昔に発生した情報です。つまり、世界中に散っているんです、ヤーグベルテの遺伝情報は。ハーフ、クォーター、ワンエイス、或いはそれ以上に薄い血が、世界のどこを見ても存在しています』

「ってことは、世界中の――」

『女性のほぼすべてが歌姫たり得るという事でしょうね』

「まさか」


 イザベラは絶句する。


「でも待ってよ、マリア。わたしたちの艦隊には、それ相応の年代の子しか来てないじゃない? 確率的に言ったらそんなことはあり得ないんじゃ」

『ええ、ありえません。ですから、最初から兵器としての道しか与えられなかったと言わせたのです』

「まさか、その孵化とやらを、的に操作できる……とか」

『そうです』


 即答だった。


『今、歌姫として戦わされているあの子たちは、最初からその孵化を促進された子たちなんです。アーシュオンの素質者ショゴスたちも然り』

「……なぜ?」

『私の知り得る範囲ですが――』

「それで良いんだ」


 食い気味に、イザベラは言った。マリアは頷いたようだ。


『孵化の際に曝されるエネルギー――つまり、セイレネスの波動が強ければ強いほど、強力な歌姫が誕生します。エディタ、レニー、レオナ。この三名は、とりわけ強い力に曝された時に、セイレネスを発現……つまり、孵化した者たちです』

「それってもしかして」


 イザベラは純白の空間で一人、腕を組む。


「ナイトゴーントやナイアーラトテップの出現とかと被ってる時期?」

『そうです』


 その即答に、イザベラは「読めたぞ」と舌打ちした。


「今回のこれは、全て仕込みってことか」

『……すみません』


 その答えに、イザベラは思わず笑った。声を上げて笑った。白しかない空間の中で、狂ったように笑った。イザベラ自身が悩み、苦しんでいたと思っていた事柄全てが、何者かの仕込みだったのだ。


「おおかた、ジョルジュ・ベルリオーズあたりが何かしたってセンになるんだろ?」

『……ええ』

しな話だよ! まったく! だとしても、わたしたちにはそれを確かめる術なんてないじゃないか!」


 笑いが止められない。イザベラは壁を生じさせて、そこに背中を預けた。自力で立っているのもままならないほど、全身から力が抜けてしまっていた。


「でもね、マリア。わたしはきみが何を知っていても、今やもうどうでもいいし。わたしはもう死に逝く者だよ。必要のないことはしゃべらないでいいんだ。迷いを生じるようなことも、どうか言わないで欲しいんだ」

『姉様……』


 その呼びかけに、マリアの涙を感じた。イザベラはこみあげるものを抑え込む。


「つらい思いをさせているんだね、セイレネスは」

『姉様、私は――』

「わたしにはね、そんな壮大で尊大な計画、どうだっていいんだ。わたしはほんの些細な人間の些細な願いを、些細な想いを、どうにかして知って欲しいと思っている、それだけなんだよ」


 そこまで言い、数秒の間を置き、「でも」とイザベラは吐き出した。


「でもね、わたしにだって迷いはあるんだ。滑稽だよね、今頃になってさ」

『滑稽なんて。そんなわけがありますか。迷うのだって当然です』


 マリアの声は泣いていた。震えるその声が、白色の空間を滲ませる。


「きみにも迷いがあるね、マリア」

『……え?』

「セイレネスではね、嘘はつけないんだよ」

『……不便な、ものですね』

「ああ、不便なものなんだよね」


 イザベラは壁に背を預けたまま、どこまでも白い天井を見上げた。そこにマリアの意識の目があると直感したからだ。


「ねえ、マリア」

『……なんでしょう?』

「これで、お別れにしよう?」

『姉様!?』


 白い空間が一瞬歪み、すぐにマリアの姿が目の前に降り立った。その顔は涙に濡れていて、いつものクールに整ったマリアと同一人物であるとは思えなかった程だった。


「姉様、私は……私は……ッ!」

「気に病まないでよ、マリア」

「私は失いたくないのです! 姉様を二人とも失うのは、イヤなんです!」


 マリアは滂沱の涙を流していた。その涙を拭こうとも隠そうともしない。


「ほら、声を上げたら泣いてしまう……だろ?」

微笑わらってなんていられませんから!」

「でもさ、微笑わらってよ、マリア」


 そういうイザベラのサレットの隙間から、涙が零れた。二人は歩み寄り、まるで恋人のように抱き合った。


「お姉ちゃんを泣かせるなんて、悪い妹だ」

「悪くてもいい。今からでも、やり直せるから……!」

「ごめんね、マリア。わたしはもう、決めたんだ。誰の思惑でもなく、わたしの意志でそうしたんだ。そう信じていたいんだ」

「姉様……お願いがあります」


 マリアはイザベラの手を解き、一歩離れた。


「姉様の顔を、見せてください」

「ベッキーと同じこと、言うんだね」

「レベッカ姉様と……?」

「うん」


 イザベラはサレットに手を掛けながら頷いた。そしてもう一度「良いんだね?」と問いかける。マリアはハッキリと頷いた。イザベラは深呼吸を一つして、そのサレットを脱ぎ捨てる。


「姉様!」


 マリアはその顔を見て、飛びつくようにしてイザベラの身体を抱き締めた。その姿は以前の、顔を失う前の姿だった。セイレネスでは嘘がつけないのだ。


「嘘が、つけないんですね」

「そうだね、不便なものだよ」


 イザベラは、否、ヴェーラは寂しげに微笑した。マリアはその胸に顔をうずめ、まるで子どものように泣いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます