麻薬でできた人形

 猛烈な炎の帯が、第二艦隊に向かって伸びていく。その時、第二艦隊の遥か後方で待機していた戦艦空母アドラステイアから、数十機の戦闘機が飛び出したのを見た。


「戦闘機なんて……」


 物の数ではない。そう呟こうとして、イザベラは我が目を疑った。五十機もの戦闘機の先陣を駆けてくるのは、真紅の大型戦闘機エキドナだったからだ。あんなものを操れるのはカティ以外にはいない。イザベラは確実に動揺した。


 第二艦隊の防御を貫いたミサイル群も、カティ率いるエウロス飛行隊によってあっという間に迎撃されてしまう。


「容赦ない……!」


 イザベラは思わず唸る。カティたちはそのまま真っすぐにセイレーンEM-AZへと向かってくる。それは自殺攻撃と言っても言い過ぎではない突撃である。これにはさすがに、イザベラの思考回路も真っ白になった。


 しかし、そうとなればなおのこと時間がない。


 イザベラは再度の一斉射撃を命じるべきか、一瞬迷った。その時、アルマの声がイザベラの耳に入る。


『ネーミア提督は私たちを待ってる。行くしかない』


 その途端、アルマの青い制海掃討駆逐艦パトロクロスが速度を上げた。マリオンの黒い艦アキレウスもそれを追うようにして迫ってくる。マリオンの声も響いてくる。


『あたしたち以外を潰滅させても、あたしたちが出向いても同じか』


 その通り、だな。


 イザベラは口角を上げる。カティたちはセイレーンEM-AZの対空迎撃網に入る直前で上空へと避退した。そのことにイザベラは少なからず安堵する。


 二隻の新型駆逐艦はあっさりと第一艦隊の防衛ラインを破ってきた。アルマとマリオンの力というよりは、その後ろを追いかけてきていた重巡ケフェウスとアルデバラン、カストル、ポルックス、アルネプによる圧力が大きい。重巡の五人にしてみれば、第一艦隊の駆逐級以下の艦艇など、脅威にすらならないだろう。


 しかしイザベラは攻撃の手を緩めなかった。集中的にアキレウスとパトロクロスを狙い続ける。だが、さすがはディーヴァ級である。イザベラの力が乗った攻撃を危ういシーンも多々あるとはいえ確実に退けて前進してくるのだ。


「だが、これはどうかな」


 イザベラの放つ対艦ミサイルが真正面からアキレウスに迫る。CIWSが作動するも、そんなものでは、イザベラの力で守られたミサイルは落とせない。


 さぁ、どうする――!


 イザベラは全く手を抜かずにミサイルを誘導する。


 だが、その感触が不意に消え去る。


「!?」


 その空海域が白熱したかと思った瞬間、イザベラが操っていたミサイルが蒸発していた。イザベラにも何が起きたのか、まるで理解できなかった。


『わかってきた』


 アルマの声が聞こえる。アルマが何かをしたのは間違いないだろう。だが。


 イザベラは慎重に状況を確認する。しかし、考えてもよくわからなかった。アルマは自分にはないセイレネスの能力を持っているということは間違いない――その程度しか。


 セイレーンEM-AZと、二隻の駆逐艦との距離はわずかに五キロの所まで迫っていた。その駆逐艦たちの速度は常識を完全に外れていた。


『どけよ!』


 アルマの声が響いた。アルマはセイレーンEM-AZの前に集結した小型艦艇たちに怒鳴っているのだ。


『どかないと死ぬぞ!』

『どかない!』


 コルベットのクワイアが叫び返した。


『ソリストなんかとじゃ役者が違い過ぎるけど、それでも私たちは私たちの意思でここにいる!』

『どかないなら死んじゃうんだぞ!』

『死ぬじゃなくて、殺されるんでしょうが!』


 クワイアたちが口々に怒鳴り返す。


『ソリストさん、私たちはね、兵器のままで終わりたくないのよ』

『そんなこと言ったって!』


 マリオンだ。


『こんなことして何になるって言うんだ。あたしたちの前では、あなたたちはあまりにも無力なんだ。だから、やめてくれよ!』

『ネーミア提督を差し出せって?』

『だからそうじゃなくて! もうやめようって!』

『馬鹿な話!』


 クワイアが吐き捨てる。


『私たちは軍にとってはただの兵器ウェポン歌姫セイレーンとかいうかわいらしい名前は、歌姫特措法を通すためだけに作られたただの名詞なのよ。政府にとっては支持率稼ぎの道具でしかないし、人々にとってはただの娯楽。それが私たちなのよ、ソリストさん。言うなら、可愛らしい名前と立派な梱包を施されただけの、麻薬でできた人形みたいなものよ!』


 クワイアたちが二隻の駆逐艦を包囲し始める。


『でもさ!』


 アルマが怒鳴る。


『どうして力に訴えてしまったんだ! ちゃんと言えば、ちゃんと聞いてくれる人だっているはずじゃないか!』

「綺麗事というんだよ、そういうのをね」


 イザベラが割って入った。


「ちゃんと言えばちゃんと聞かれる? わたしとベッキーは、何年それを信じてきたと思う? 何年辛抱強くそうしてきたと思う? その結果、何を得られたと思う? どんなものを奪われたと思っている?」


 歌姫として。ディーヴァとして。国家の守りの要として。そして軍の象徴として。確かに重用はされた。欠かせない人間の一人として認知はされた。


 でも、として認められたことは、ただの一度もなかったのだ。


 イザベラは心痛の全てを込めて、アキレウスとパトロクロスに向かってセイレネスの力をぶつけた。


『ううっ……!?』


 二人のディーヴァがその不快感に見悶える。


「いいか、二人とも」


 そしてこの戦いを見ている連中へ。


「現実というのはそんなものなんだ。言葉が通じず、献身も軽んじられた以上、わたしたちは自分を守るための剣を持つしかなくなった。剣を持ち、自由のもとに平穏を叫ぶ。これの何が罪だというのか」

『そうかい』


 割って入ってきたのはカティの声だった。


「えっ……?」


 セイレネスの通信に介入してきた……!?


 イザベラは一瞬混乱した。こんなことは完全に想定の埒外にあった。その直後、アキレウスとパトロクロスを包囲していたコルベットたちが一隻も残さずに爆砕した。エウロスからの飽和攻撃を食らったのだ。セイレネスによる防御をも物ともせずに、エウロスは第一艦隊の残り少なくなった艦艇を狙い撃ちにしたのだ。


「油断した……っ!」


 カティたちには何もできるはずがない――イザベラはそうたかを括っていたのだ。


『ネーミア提督!』


 クララから鬼気迫る声で通信が入る。


『エウロスの二度目を受けたら、今度こそ全滅してしまいます』

「……二度目はない」


 セイレーンEM-AZから対空ミサイルが放たれる。それはエウロス飛行隊をありえない速さで追尾していく。イザベラの力が乗っているからこそできる芸当だった。


 だが――そのミサイルはふわりと消滅してしまった。


「なんだ……?」


 混乱するイザベラ。しかし一秒と少しで、我に返る。


か!」


 それだけでは説明はつかないが。仮にエキドナがセイレネス搭載機であるというのが事実であるにしても、イザベラの攻撃を雲散霧消させてしまったということは、つまり――。


 カティはディーヴァ級ってこと!?


 まさか。と、否定をしてみるも、説得力のある説明は浮かばなかった。


『提督、第二艦隊が反転していきます!』

「う、うん?」


 クララの報告に、思わず妙なトーンで応えてしまう。そのくらいに動揺していた。


『提督、逃がすんですか? ここで逃がしてしまえば』

「良いんだ、クララ」


 幾分落ち着きを取り戻して、イザベラは溜息交じりに言った。


「最高のアンコールを見せてやろうじゃないか」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます