うんざり、するね。

 そこまでして、命を捨ててまでして、何を得られるというのですか――エディタは血を吐くような声で尋ねた。


「何も」


 イザベラは首を振る。エディタは思わず腰を浮かす。


「ディーヴァを失えば、ヤーグベルテは」

「それは良いのよ」


 エディタの背後からの声――レベッカのものだった。


「保険はかけてある。今年の卒業生、あの二人のソリスト。そしてレニー。三人いれば、私たちの後を継ぐことくらいできるわ」

「わたしはこの時を待っていたのさ」


 イザベラはサレットのこめかみ部分を叩きながら言った。


「わたしの艦隊のアルマとレニーは、なんとかして途中で脱落させる。あの二人には生きていてもらわねば困るからな」


 そこで「提督」と声を上げたのはクララだった。


「僕は提督の理想、おっしゃりたい事を理解できたつもりでいます。提督に付いて行く事はやぶさかではありません。ただ、どうしても僕には納得がいかない」

「何がだ?」

「メディアがこれだけ周囲を取り囲んでいるのです。提督のお考えは、恐らくは捻じ曲げられ、その真意は伝えられることはないと思います。メディアはメディアの伝えたい事しか伝えません。そんなこと、誰だって知っています。だから」

「ただの反乱で終わるというのならそれで良いんだ」


 イザベラは先回りする。しかしクララは強く首を振った。


「良くありません、提督。僕たちはそれに命を賭けるか。賭けても良いのか。考えなければならないのですから」

「言うようになったな、クララ」


 イザベラは「うむ」と頷いて立ち上がる。そして背中で手を組んで、聴衆たちに背を向ける。


「きみのその推測は当たるだろう。わたしの言葉は万人には届かない。だけど、きみたちがいる。ソリストだっている」

「それを丸投げと言うんです、提督」

「本当に言うようになったな、クララ」


 イザベラは思わず声を上げて笑った。


「丸投げと言われると痛いが、そうだな、その批判は甘んじて受けよう。わたしの最後の仕事は、国家に冷や水を浴びせることなんだ。従順であるはずの歌姫セイレーン、無条件に国家を守ってくれるはずのディーヴァ。それが思い込みに過ぎないことを知らしめること。ディーヴァもまた一人のでしかないのだという事を知らしめること。それがわたしの仕事なんだ」

「僕たちは命令されればついていきます。いっそお命じになっては如何ですか」

「それはしない」

「なぜですか」


 クララは温度の低い平坦なトーンで尋ねる。


「自己満足のため、ですか」

「そうかもしれない」


 イザベラは肯定してからもう一度「自己満足」と繰り返した。


「わたしはきみたちにも考えて欲しいんだ。自分たちの立ち位置。自分たちの守るべき正義というヤツを」

「立ち位置……正義……ですか」

「そうだ、クララ」


 イザベラは数秒間の雄弁な沈黙を挟み、そしてゆっくりとソファに戻った。


「絶対的な正義なんてものはこの世に存在しない。だが、自分たちによる自分たちのための正義というものは必ず存在する。自分たちが守りたいと願う人。自分たちがいたいと思う場所。それはそれぞれに違うだろう。だが、それこそが正義の本質なんだ」

「それを、僕たち自身で決めろと?」

「そうだ」


 イザベラは強い語気で肯定した。


「そして、わたしに共振することができたのなら、わたしと同じ方を向いた正義があるというのなら、わたしと共にその力を振るおう――そう言っている」


 その仰々しい演説を受けて、全員が黙りこくる。重たすぎるその沈黙の澱みの中を、レベッカが歩いてくる。そしてイザベラの隣に立ち、ゆっくりとエディタたちを順に見回した。


「イズーはイズーの正義を振るい、私は私の正義を掲げます。私の正義は、この国を守り、あなたたちを守ること。一人でも多くの歌姫セイレーンを守り通すこと。これが私の正義です。犠牲を強いて、その血で正義という文字を描こうというイズーとは、私は……相容れません」

「そういうことだ」


 イザベラはレベッカを斜に見上げながら言った。そこでエディタが、掠れた声で口を挟んだ。


「お待ちください、アーメリング提督。提督の言葉には矛盾があります」

「犠牲を強いる、ですね」

「肯定です。戦場でのネーミア提督との決着。これを演出するために、歌姫が一人とて犠牲にならないなどとは、よもやお考えではないでしょう?」

「そうですね」


 レベッカは眼鏡を外し、眉間に手をやった。


「少なくない犠牲が出るでしょう。そしてイズーについた歌姫たちは――」

「それを断じるのは早計だよ、ベッキー。でも、そうだね、エディタの言う通り、これはだ。たくさんの命を賭けた、大掛かりな演出なのさ」

「ならば」


 エディタの口調は鋭かった。


「ならば、ここでお二人で決着をつけてはいかがですか」

「ついてるのよ、それは」


 レベッカが静かに応じる。


「私自身、私の正義が正しいのかどうか、今でもわからない。そしてイズーの言う正義だって、もちろん理解できているつもり。だから、私は彼女に今回の話を聞いた時、ノーとは言わなかった。むしろ、イエスと言ったわ」

「なぜ、そのような……」

「言ったでしょう、エディタ。私自身、私の正義の善悪がわからないって。だからもう、こんな手段しか思いつかなかった。イズーの決意を変えられない以上、そうする以外に手段が見つけられなかった。あなたたちには申し訳ない話だとは思います。ですが、もはや後戻りのできる話ではないのです。ですから、あなたたちは選ばなければならないでしょう。私か、イズーか、あるいは、何もしないか」


 レベッカはそう言って、イザベラの肩に手を置いた。イザベラはその手に自分の手を重ね、長く息を吐いた。


「期限は次の出撃だ。どうするか、自分の力で決めるんだ。もちろん、軍警に言ったって良い。どんな選択をしたとしても、わたしはきみたちのその判断を歓迎する」


 立ち上がりながらそう言って、そして、一方的に解散を宣言した。


 六名の歌姫たちは釈然としない面持のまま、無言で出て行った。


「姉様方、本当にこれで良かったのですか?」


 窓の外を眺めながら、マリアが静かに尋ねた。久しぶりに聴く声だった。レベッカはソファに身体を沈め込みながら首を振る。


「その善悪も、私にはわからない」

「そうだね」


 イザベラはどこからともなくウィスキーのボトルを取り出して、テーブルの上に置いた。


「わたしはさ、わたしの正義を実現するだけ……と言うと聞こえはいいけど、実際のところはさ、たぶん、疲れたんだ。疲れきってしまったんだ」

「イズー……」

「そんなノイローゼな女のワガママに付き合わせて、罪なき子たちの魂を捧げようとしている。わたしは本当に罪深き女さ」

「それは私も同じなのよ、

「ふふふ」


 くすぐったそうに笑う。


「その名前で呼ぶのは、もう少し先にしてくれないかな」


 イザベラはそう言いながら、サレットの位置を直した。


「わたしが素顔を晒した時、何万人くらいが卒倒して、何万人くらいがと口にするだろうね」

「悪趣味ね」


 レベッカは眼鏡の位置を直しながら呟くように言う。


「ヴェーラ」

「だからさ」

「私はヴェーラと話をしているの」

「……うん」


 イザベラは頷いた。


「ヴェーラ、賭けをしましょう」

「いざという時に逃げ出すことができないように?」

「お見通しね」


 レベッカが肯定すると、イザベラは「まぁね」と少しだけ得意げに応じた。レベッカはイザベラの顔を真っすぐに見た。


「そう。逃げ出さないためによ」

「どんな賭け?」

「あなたの正義と、私の臆病な心を賭けましょう」

「ふむ?」


 イザベラは腕を組み、宙を見上げた。


「わたしの狂気と、きみの正義をか」

「私たちはもう――」


 レベッカはゆっくりと噛み締めるように言った。


「もうとっくに、どっちも正気じゃないわ」

「ならさ、お互いの狂気を賭けようじゃないか。わたしはきみを全力で迎え撃つ。きみはわたしを全力で叩きに来るんだ」

「……セイレネスに賭けましょう」


 レベッカはそう言って立ち上がり、そのまま部屋を出て行った。マリアは黙ってその後ろ姿を見送り、そしてまた窓の外を見た。


「私たちはいったい、何をしているんでしょうね……」

「剣を持ち、自由の下に平穏を叫ぶ――わたしは後に続く歌姫たちのための福音となるのさ」

「詩的で傲慢ですね、姉様」

「ポエティックでエゴイスティックときたか。なるほど、詩的な表現だ」


 イザベラは乾いた声で言い、ウィスキーのボトルを開けた。開けはしたのだが、飲まなかった。


「でもさ」


 イザベラは少し寂し気なトーンで言った。


「いつの時代も、正義というのはそういうものじゃないか」


 その言葉を聞いたマリアは、窓に背を向けた。その黒い瞳が少し潤んで見えた。


「姉様でなければできない事……ですものね」

「そうさ」


 イザベラは頷く。


「わたしじゃなければ、できない。そして、ベッキーでなければ、ならない。そういうものなんだ、今わたしの前にある正義というヤツは。時代という名の圧倒的な正義は、わたしたちという生贄を必要としているんだ」

「まったく……」


 マリアはその後の言葉を飲み込んだ。


 ――うんざり、するね。


 イザベラの平穏すぎる声が聞こえたような気がした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます