#23:それぞれの選択

#23-1:闇の中のトリニティ

ARMIAの振り子

 床も壁も天井もない。色もない――黒も白もない。上下左右の概念すらない。それはと呼べるのだろうか。それすら判然としない。ただ在るのはだ。水のように意識を満たすだけがある。


 ARMIAは漆黒の髪を揺蕩たゆたわせ、の中を漂っている。目を閉じた人形のような彼女が、この無の中に在る唯一の存在だった。無の中に在る――否、正確には「無に観測されている」である。世界の最上位層スーパークラスである無。そのがARMIAを観測し、そしてそこに存在させている。


 うんざりだ――。


 ARMIAが呟いた。まるでイザベラの口癖のようなその言葉に、ARMIA自身が驚いた。だが、それはマリアでもアーマイアでもなく、ARMIA自身の本心であった。


 そもそも、マリア・カワセも、アーマイア・ローゼンストックも、存在すらしていない。いわば幽霊ゴーストのようなものだ。ARMIAが生み出した被観測体であり、物理層に軸足を置かないだ。


 アーマイアは残酷な兵器を次々と生み出す。マリアはそれをディーヴァとして受け止め続ける。言ってしまえば、自作自演だ。滑稽で壮大で残酷な自作自演を強要されながらも、二人の幽霊ゴーストは自身に課せられた役割をまっとうしようとしている。


 ベルリオーズはARMIAにはっきりと言ったのだ。


 そのギリギリのラインに立ち続けている君は、それだからこそ価値がある。ゆえの不確定要素であり、それはつまり、奴らの予測の範囲を超える結果をもたらすだろう。だから君は、マリアであり、その他方ではアーマイアであり続ける。君はこの役割から逃れることはできないし、逃れようともしないだろう――と。


 もしアーマイアが、私自身ではないのだとしたら、私はバランサーとしての役割を全うすることはできない。でも……。


 ARMIAは薄く目を開ける。ほとんど黒色の瞳に反射するような光はない。光はないのに、ARMIAの姿だけは、ARMIAにとっては嫌に鮮明に見えていた。ARMIAは自身の姿を客観的に眺めているという視点をも持っていた。


 マリアは……いえ、私自身は、あのディーヴァたちをたすけたいと思っている。イザベラやレベッカだけじゃなくて、あの子たちも。だけど、アーマイアは手段を問わずに開発を続け、新たな災厄を次々と戦場へ投じてくる。その執拗さが不気味で、ARMIA自身にも予測のできないものとなりつつあった。アーマイアの暴走は、むしろ最初から既定路線だったのではないかとすら思えるほどだ。


 だけどそれでも。


 私以外がアーマイアを演じるのは。


 それに今さら逃げることもできはしない。


 ならば、マリアに賭けるしかない。私自身は、観測する事しかできないのだから。


「私がやるしか、ないのですね……」


 うんざりだ――。


 ほんとうに――。


 ARMIAが呟くと同時に、その姿は消えた。


 その世界はそこでった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます