遠くない未来に――。

 マリオンの見せた圧倒的過ぎる一撃は、文字通りにアーシュオンの艦隊を潰滅させた。セイレネスの能力を持たない人間には、何が起きたのかまるでわからなかった。海が割れ、空が壊れ……その天変地異の末に残った一隻の空母を真っ二つに破壊した――ようにしか見えなかった。


 しかし、そのタワー・オブ・バベルの発動は、遅きに失したと言わなければならなかった。空母が撃沈される前にかなりの数の艦載機が発艦してしまっており、それらによるの攻撃によって、最前線に展開していたコルベットが四隻も撃沈されてしまった。中には体当たりを食らった艦もあった。一言で言えば、ひどい損失を被ったということになる。


 戦闘の後始末をエディタたちに任せたレベッカは、無言で艦橋の提督席に座った。その表情はとても冷たく、肌は少し青めてさえ見えた。レベッカは自分で端末を操作し、マリオンの乗るアキレウスを呼び出した。すぐに回線が繋がり、レベッカの目の前の端末の空中投影ディスプレイにマリオンの姿が浮かび上がる。


「艦載機による被害は四隻。少なくはありません」


 レベッカはいきなりそう切り出した。


「全員があなたの同期、新人でした」

『……すみません』

「いえ、想定の範囲内です。あなたを育てるための投資だったと思えば高いものではありません」

『それは……』


 画面の中でマリオンは俯いた。その時、「エウロス六機、到着しました」と索敵班から声が上がる。レベッカはパッと表情を輝かせて、メインモニタに映るエウロスの機影に視線を移す。カメラとの距離はかなりあったが、朝日を受けて先陣を駆ける赤い影は、間違いなくカティの大型戦闘機のものだ。敵艦隊の殲滅はもはや時間の問題ということだ。そんなレベッカの表情の変化には気付く余裕もないまま、マリオンは口を動かす。


『司令官、私は――』

「あなたは良くやりました。十分な戦果です」

『そうではなく……』


 マリオンは俯く。レベッカは微笑みかけてやりたいとは思ったのだが、表情筋がこれっぽっちも言う事を聞いてくれなかった。


「マリー、あなたに任せたのは私です。新兵たるあなたにあの二隻を任せました。その時点で、ある程度の損害が出ることは知っていました」

『よ、四人も死にました……』

「あの子たちを殺したのはあなたではない」


 画面の中のマリオンは、小さく唇を噛んでいた。今日のこの日は、マリオンの一生の傷となる。死んだクワイアたちは皆、顔見知りだったはずだ。マリオンは今日のこの犠牲の記憶を、事あるごとに呼び起こすことになるだろう。


 でも……仕方ないのよ。


 イザベラ、否、ヴェーラの想いを考えれば。それは、いずれ歩まなければならない修羅の道なのだ。敵味方の屍の上に立たねばならない立場、その意味、その役割。マリオンたちは知ることになるだろう。


 しかも、それも遠くない未来に。


 そう、遠くはないだろう。


 遠くはないのだ。


 レベッカは拳をぎゅっと握り締めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます