マリオンの初陣

 レベッカから送られてきた目標を確認して、マリオンは顎が外れそうになった。


 セイレネス経由で指定されたそのターゲットは二隻で、どちらも大型の正規空母だったからだ。シミュレータ上では何度も撃沈したことがある。だが、正規空母は恐ろしく頑丈な構造物で、ことここ一年程度の間に非常に堅牢になったという話もある。オルペウスが搭載されたなどという噂もあった。セイレネスで叩くよりも、空襲の方がまだ効果があるとすら言われてもいる。


 そんな超がつくような大物二隻を最優先で叩けという指示が送られてきたのだ。幾らなんでも無茶だと思ったが、レベッカの直接の指示とあっては「自分は初陣なんですが」などとは、言えるはずもなかった。しかし、どうすればあんなに巨大な目標を早期に沈黙させられるのかもわからない。しかも二隻だ。シミュレーションでもこんな無理難題を吹っ掛けられたことはない。


 そんな迷いとは裏腹に、マリオンを包むは急激に圧力を上げていく。コンプレッサの効果エフェクトが少しずつ弱められていく。ノイズは消え、揺らぎのない電子的な音が次々と紡ぎ合わされ、絡み合い、一定の拍動と共に、上へ上へと伸びていく。


 闇の中でマリオンは目を開ける。漆黒の瞳が、わずかな灯りを受けてきらりと輝いた。不規則だった呼吸が、少しずつ落ち着いていく。


 今から私、人を殺すんだ――否が応にもそう思わざるを得ない。


 マリオンにはその空母の様子が仔細に読み取れていた。未だマリオンたちの存在に気付いておらず、甲板要員デッキクルーたちは淡々と日々の業務を遂行している。露天駐機されている戦闘機たちも、哨戒任務に従事する者たち以外は静かに眠っていた。


『マリー、三十秒後に仕掛けてください』

「は、はい、司令官」


 敵空母の甲板上がにわかに騒がしくなった。


『エディタ、ハンナ、ロラ、火器ファイア管制コントロールをマリーに移譲してください』

『了解です。ハンナ、ロラ、いいな』


 マリオンの手の届かないところで、状況だけが進行していく。重巡アルデバラン、アルネプ、カストルの全主砲のトリガーが、マリオンの意識に連結されていく。


「ファイアコントロール、アイハヴ。先輩方、お借りします」


 マリオンは慎重に狙いを定めた。もちろん、四百キロ近くも離れた敵艦船に、砲撃が届くはずもない。


『マリー、攻撃を開始してください』


 レベッカの淡々とした指示が聞こえた。マリオンは自動的に頷き、全てのトリガーを引き絞った直後に呟いた。


「モジュール・グングニール……発動アトラクト!」


 三隻の重巡と、マリオンの制海掃討駆逐艦アキレウスから放たれた火線は、瞬く間に水平線の彼方へと消え去った。


『今のは何ですか、マリー』

「わかりません。ただ、そうしろって言われた気がして……」


 使ったマリオン自身にもよく分からない。そもそもグングニールなどというモジュールの存在すら知らない。


 マリオンは意識の目を再び敵の空母の近くへ移動させる。そして絶句する。そこには惨憺たる光景が広がっていた。空母四隻のうち、三隻が轟々と煙と炎を上げていた。三隻とももはや復元不可能なほどに激しく傾斜をしており、転覆は時間の問題だった。もちろん、艦載機もろともだ。


『フリゲート、コルベットは前方に散開。対空戦闘用意。エディタ、ハンナ、ロラは駆逐艦を率いて突撃用意! レオナはマリーの直衛を任せます』


 矢継ぎ早かつ明確な指示に、艦隊はまるで生き物のように動いていく。歌姫の過半が初陣の艦隊ではあったが、コルベットから重巡洋艦まで、それらを操艦している海軍兵士たちは熟練者揃いである。レベッカは思う存分に指揮コンダクトすることができた。


『マリー、残り一隻を早く沈めてください。敵の発艦は一機でも抑えたい』

「は、はいっ」


 マリオンは痺れるほど強く頬を叩いて気合いを入れなおす。だが、最初の一撃で集中力を使い果たしてしまったのか、どうしても意識がぶれる。にノイズが混ざり始め、あまつさえハウリングが引き起こされる。どうにも敵の空母が見えない。霧がかかってしまったかのように、不鮮明だった。ただ慌ただしく発艦していく攻撃機たちを見送るのみだ。


『マリー!』


 レベッカから発される鋭い声。その一瞬、マリオンの意識を覆っていた霧が晴れた。消滅エスティングェンドしつつあったが戻ってくる。電子的な音が絡まり合う。夜明けの空に薄緑色の無機的な塔を作る。


「セイレネス発動アトラクト! モジュール・タワー・オブ・バベル、起動プリペレイション!」


 なんだそれ!?


 マリオンは自分の口から発されたそのフレーズに驚愕する。グングニールと言い、タワー・オブ・バベルと言い、そんなものはマリオンの中には存在していなかったからだ。


 動揺しながらも、マリオンはいったん意識をコア連結室に引き戻し、闇の中で目を開けて首と肩を回した。そしてすぐにまた意識を集中する。揺蕩たゆたに意識を同化させていく。


 意識の中のと、セイレネスから聞こえるが完全に同調シンクロする。


 マリオンの駆る制海掃討駆逐艦アキレウスから立ち上った薄緑色の光は、真にタワーのような様相を呈していた。その光は半径十キロ以上に渡って立ち上っており、セイレネスの素質者であれば誰にでも見ることができていた。だが、レベッカを含めて誰一人、言葉を発することはなかった。呆気に取られていたからだ。


 マリオンは呼吸を整えて、まるで呪文を唱えるように、口にした。


「タワー・オブ・バベル、崩壊ザ・コラプス!」


 音と光でできた天を貫く巨塔は、倒れながら海を割る。穏やかな海はたちまちのうちに荒れ狂い、噴き上げた海水は一瞬で蒸気に変わった。数千平方キロメートルに渡って同時に発生した激烈な上昇気流は、晴れ渡っていた空の表情さえも一変させた。時空震が敵も味方もなく揺らし、小型艦に至っては翻弄される木の葉のように頼りなく歪んだダンスを踊ってみせた。


 その塔はまるでギロチンの刃のように、残り一隻の空母を文字通り叩き切った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます