責任の所在

 空母四、駆逐艦十八、フリゲート四十――それが敵の総戦力か。


 レベッカはセイレネスを通じて、広く展開している敵艦隊を捉える。ナイアーラトテップら超兵器の反応はない。深海にも検知されない。ナイトゴーントの類も見当たらない。セイレネスの類の気配も感じられない。


 通常艦隊……?


 レベッカはウラニアの上空に意識を浮かべながら訝しむ。ここまで純然たる通常艦隊には、この何年か遭遇していない。


『マリアです、聞こえますか?』

「ええ。マリア、聞いて。おかしいのよ。通常艦隊にしか見えなくて」

『計算通りです、姉様。参謀部の方の工作に敵艦隊が引っかかったという状態です』

「どういうこと?」


 レベッカはウラニアの上空を落ち着きなく飛び回り、敵艦隊がいる方向を眺めている。夜明けまではまだ数時間ある。空は濃紺色である。


『姉様の艦隊は今、遥か北方にいることになっています。第一艦隊は統合首都に駐留している現在、遭遇戦が起きるにしても通常艦隊とのものになる――アーシュオンはそう分析したのでしょう。この機会に島嶼部侵攻を企てたということです』

「その通常艦隊を、初陣の子たちを率いて一気に叩き潰す。比較的安全な条件下で、セイレネスによる実戦を経験させ、また一方でマスメディア向けのネタも提供する」

『そういうことです』


 マリアの短い返事を受けて、レベッカは溜息を吐いた。


「わかりました。四風飛行隊の手配は?」

タイミングでエウロスを現着させます』

「ほどよい、ね」


 レベッカは再び「はぁ」と息を吐いた。


「わかりました。あくまで私たちで対処するのが重要ということね」

『メディア向けです。すみませんが――』

「いくらかは犠牲は出るわ」

『犠牲の出ない戦闘なんてありません。ただ、敵は通常艦隊ですから、艦隊は圧勝することを求められています』


 そうよね、と、レベッカは頷いた。


「マリア。マリーに敵の航空母艦を撃沈させます。少なくとも半数は」

『初陣で? 難しいのでは』

「百も承知です。ですが、そうさせます。マリア、六課にはその旨言い含めておいてもらえるかしら」


 その問いかけには、さしものマリアも即答しなかった。


「マリア、これは必要な事なのよ」

『……しかし』

「私だって、全員を無事に帰せるものならそうしたい。私が手を出せば確かにそれは可能でしょう。ウラニア一隻あれば、通常艦隊なんてどうにでもなります。そして参謀部はそれを期待している。それもわかっています。ですが」


 しかしながら、そう言っているレベッカ自身、の価値には懐疑的だった。イザベラほど冷徹にはなれないのだなと、レベッカは思う。しかし、新たなるディーヴァがいる今、その力を見ておきたいとも思った。それはきっと――。


『はぁ……。わかりました。しかし、世間はそれを許さないかもしれません』

「世間なんてどうでもいいわ。メディアに何と書き立てられたって、私には何も響かないから。ただ……」


 言い淀むレベッカ。マリアは小さく息を吐く。


『大丈夫でしょう。ただし本作戦の指揮については――』

「ええ、エディタには任せない。私が執るわ」


 全ての犠牲の責任は私にある。レベッカは頷いた。


『わかりました。陸上おかのうるさい外野たちは私にお任せください、姉様。姉様は現場に注力を』

「ありがとう。助かるわ、マリア」


 それからしばらく、レベッカは静かに東の空を見つめていた。


 まもなく戦いは始まる――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます