#19-2:実戦

言葉にしないと伝わらないよ

 卒業式から二週間後――二〇九八年十月の半ば。


 ヤーグベルテ第二艦隊グルヴェイグは、訓練航海の帰路にあった。訓練とは言うものの、レベッカ自らが執り行うトレーニングプランは異常とも言えるほどに過酷で、途中脱落する歌姫セイレーンも少なくない。それは二年目、三年目といったベテランでさえ例外ではないほどだ。参加者は口を揃えて「まだ実戦の方が楽だ」と言う。十日間の集中訓練を終えた第二艦隊は、全体的に倦怠ムードが漂っていた。黄昏時の凪いだ海が、また一層の疲労感を誘う。


 レベッカは艦橋から自身の執務室へと移動して、最奥部に置かれている自席に落ち着いた。それを検知して端末が立ち上がり、空中投影ディスプレイが起動した。


「イズーに通信」


 椅子にもたれかかりながら気だるげな声で言うと、即座に通信が開始される。数度の呼び出しの末、陸上の艦隊司令部にいるイザベラの姿が映し出される。やはりきっちりとサレットを被っていて素顔は見えない。


『訓練日程は今日までだったね』

「ええ。滞りなくとは言い難いけど、それでも無事に終わったわ」

『純然たる訓練航海なんて半年ぶりじゃない? また相当やったんでしょ』

「人聞きの悪い事言うわね」


 レベッカが唇を尖らせると、イザベラは「悪い悪い」と声を立てて笑った。


『で、今日の愚痴は? 新人たちの仕上がりが良くなかったかい』

「ええ、そんなところ。シミュレータの技術は各段に上がっているのに、いざ実戦を想定した使い方をさせてみても、右往左往するばかり。さすがにマリーとレオナに関しては文句のつけようがなかったけど。でもC級たちは、あんなのでは実戦に出せないわ。リスクしかない」

『うーん』


 イザベラは空中投影ディスプレイの向こう側で腕を組んだ。


『きみの主張もわかるし、わたしもほとんど同感なんだけれど、ちょっとさ』

「なに?」

『苦情がね。当事者たちからも参謀部からも、わたしの所に入っているんだ。曰く、厳しすぎるって』

「なんですって!? あれで厳しいなんて言われたら、実戦になんて耐えられないわ!」


 レベッカは目を三角にして言い募った。イザベラは「まぁまぁ」と両手を広げてレベッカを宥めようとする。


「私はあの子たちのことを思って――」

『わかってるよ、きみの想いはさ。でもね、きみはね、いちいち説明が足りないんだ。わかっているだろうってことでもね、言葉にしないと伝わらないものなんだ。運良くそれを汲んでくれる人がいたとしても、言葉にしてもらわないと確信にならない。確信が得られなければ人はついてこない。付いて行きたくてもできなくなっちゃうんだ』

「でも――」

『言葉が伝わらないもどかしさってのは、わたしにも良く分かってるよ、ベッキー。でもね、言葉で伝えることを諦めちゃだめなんだ』


 そこでイザベラは一秒と少し、言葉を切る。


『聞き齧っただけだから誰の言葉かは知らないけど、ずっと昔に人がこんなことを言っていたそうだ。やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ――だったかな。意味はわかるよね』

「ええ」


 肯くレベッカ。しかし、それはレベッカにはとても難しい事だった。イザベラは小さく笑う。


『さしあたりきみはさ、新人ソリストの心を掴む努力をしたら良いと思うよ、わたしは』

「マリーの?」

『そそ。マリオン・シン・ブラック。わたしもアルマとは上手いことやらないとならないけどね。きみはどうなの?』

「それがあんまり」

『だと思ったよ』


 イザベラは大袈裟に肩を竦めた。


『とりあえずきみはね、あの駆逐艦、ええと、アキレウス。あれの中でも見せてもらったら良いんじゃない? マリオンとの話も弾むんじゃないかな?』

「でも、イリアス計画の話ならマリアから十分――」

『でもマリオンとはその話をしてないだろ? マリオンはきみから一対一で言葉を掛けられるのを待ってると思うよ。何せきみは、あの子たちからの憧れの的だ』

「もう時代遅れのアイドルよ」

『何言ってるんだい』


 イザベラは声を立てて笑う。


『ともかくも、きみは今すぐアキレウスに行って、マリオンと話をするべきだ。アキレウスはね、ウラニアやわたしのセイレーンEM-AZをそのまま小さくしたようなふねだよ。実に面白かった』

「そうね。ちょうど海も凪だし、行ってみることにするわ」


 レベッカは少しだけ緊張した表情を見せる。それを見てイザベラはまた笑う。


『なんだい、その顔。部下の艦に行くのにそんな顔してちゃダメだよ。それじゃ、頑張ってね』


 イザベラは「ふふふ」と笑いながら通信を切った。


 レベッカは数秒目を閉じて思案し、制海掃討駆逐艦アキレウスの艦橋を呼び出した。すぐに回線が開き、空中投影ディスプレイにマリオンの緊張した顔が映し出される。


「お疲れさま、マリー。今だいじょうぶ?」

『も、もちろんであります、提督』


 唐突な呼び出しに心の準備ができていなかったのだろう。マリオンは明らかに挙動不審だった。


「今さらなんだけど、アキレウスの視察をさせてもらおうかなと思って」

『もちろん大丈夫です。ぜひいらしてください!』


 マリオンの顔は緊張の色を讃えていたが、その口調は弾んでいた。


「では今から連絡艇で向かいます。そちらは普段通りの作業を続けていてください」

『かしこまりました。お待ちしております、提督』


 レベッカはさっそく連絡艇を手配し、並走するアキレウスに向かう。その暗黒色の制海掃討駆逐艦アキレウスは、通常の駆逐艦よりは若干大きい。大きいとは言っても、約二百三十メートルしかないのだが。それは戦艦であるウラニアの、実に三分の一程度の大きさでしかない。


 この大きさの艦に、ディーヴァ級の出力に耐え得るセイレネスの設備一式が乗っているというのは、俄には信じられなかった。そもそも、ウラニアやセイレーンEM-AZがこの馬鹿げた大きさになってしまったのも、ディーヴァたちの出力に耐える設備を搭載するためだったのだ。わずか数年でこんな小さな艦に搭載できるほどに小型化できたと聞いた時は、ブルクハルトは何の冗談を言っているのかと思わず笑ってしまったほどだった。


「未実装の装備があるのね、これでも」


 携帯端末で建造計画書を開き、記憶にある情報をアップデートしていく。完成度は九十パーセントといったところで、あとはセイレネス関係の装備の調整が残っているようだった。もっとも、ブルクハルトの出してきた計画で遅延が起きた事はないはずだったので、この機能群についても、帰還後すぐに実装されることになるだろう。つくづくブルクハルトという技術将校は、余人を以って代え難い人材だなとレベッカは思う。ブルクハルトがいなければ、セイレネスという技術がここまで進歩することはなかっただろうし、ヤーグベルテがアーシュオンと戦力拮抗状態になることもなかっただろう。


 連絡艇での移動はわずか数分間だった。ちょっとした桟橋替わりである。


「お待ちしておりました、アーメリング提督」


 連絡艇の扉が開くと、そこにはもう新たなるD級歌姫ディーヴァ、マリオン・シン・ブラックがスタンバイしていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます