エコード・コーラス

 だって!?


 その不意打ちに、イザベラの反応すら追いつかなかった。第一艦隊の約半数がその効果範囲に入っていた。エディタやレネを中心にした幾重にも重なるコーラスだった。


 影響下にあったフリゲートやコルベットが、前触れもなく爆発四散した。津波のような断末魔がイザベラたちの意識を抉るように響き渡る。駆逐艦はいくらかは耐えたが、それでも二隻が轟沈した。被害は合計十八隻にも及んだ。海に投げ出された海軍兵たちも、誰一人として人体のていを為している者はいなかった。そのあまりの惨たらしさに、イザベラさえも目を逸らした。


 歌姫セイレーンたちが絶命した後も、その断末魔の反響は続く。恐怖や苦痛が増幅ブーストされて、延々反響エコーし続ける。十八人の歌姫による断末魔の合唱は、生き残った歌姫たちの意識に深刻なダメージを与えた。それはイザベラにしても例外ではない。セイレネスは、高揚感と共に絶望をも視聴者に分配するシステムなのだ――公表されている効能ではないが。この場合のというのは、歌姫ではない人々をも含んでいる。戦闘の映像を見てを感じた人々すべてが、セイレネスの影響下にあると言っても良い。


『レニー! コーラスの発信源を探れ! クララ、テレサ、クワイアたちを率いて海域封鎖を大至急! パトリシア、被害状況をまとめろ!』

「エディタ」


 目が回るほどの速度で発されるエディタの指揮の合間を縫って、イザベラが呼びかける。


「海域封鎖はわたしが行う。きみたちは全員で発信源を探せ」

『はっ、承知致しました。お願い致します、司令官』


 エディタの声には限界にまで高まった緊張感がある。エディタもまた、の残響に苦しんでいるのだろう。その意識の端々に、耳障りなノイズが乗っていた。


 イザベラもまるで酩酊しているかのようにフラフラとする意識を何とか立て直し、艦隊全域を包み込むようにセイレネスを展開する。薄く広くではあるが、先ほどのレベルのコーラスが直撃したとしても一撃轟沈だけは防ぐことはできるだろうという力加減をした。の正体がつかめてない今、それだけに注力するわけにもいかない。


「どこだ……!」


 イザベラはセイレーンEM-AZの真上に意識を飛ばして、海域を広く見回す。おかしなノイズはある。マイノグーラたちと同じく、完全に正確な和音で構成されるノイズだ。揺らぎも何もないその音は、完璧すぎて気味が悪い。粗いヤスリで心臓を舐め回されているような感覚に陥る。


 ゲテモノ――。


 マリアがアーマイアから聞かされていた言葉を思い出す。そう、確かにこの感触はゲテモノだ。


 海が碧く光る。それはセイレーンEM-AZをピンポイントで捉えていた。


『コーラス来ます! 司令官!』

「案ずるな、エディタ」


 何事も起きずに光は消えて行く。なるほど、コーラスの発信者の能力はV級……エディタレベルというくらいか。だが、異常な安定性だ。


 イザベラは水平線に陽炎のように浮かぶアーシュオンの艦隊を眺めやる。


「まさか」


 いや、まさかではない?


 イザベラは数十キロメートルの距離を一気に跳躍した。見る間にアーシュオンの艦隊の姿が見えてくる。もうすでにイザベラの有効射程内である。やろうと思えば一撃でその過半を沈められるだろう。


「通常艦隊……に見えるが」


 だが、妙だ。この落ち着き具合はあり得ない。アーシュオンとて、イザベラの射程に入っていることは理解しているはずだ。なのに、駆逐艦を前面に並べた戦闘隊形を維持している。


 イザベラは妙な不安感を覚えて、先頭に立つ駆逐艦の舳先に降り立とうとした。


『来るな!』


 バチッという音が脳内に響くほどの衝撃がイザベラを襲った。まるでノーモーションで平手打ちを食らったかのようなダメージだった。


 ばかな、駆逐艦にセイレネスだって?


 そんな小型化は未だ実現していないはずだった。確かに、マリアの所属するホメロス社では、『イリアス計画』として駆逐艦への搭載システムを開発中だ。だが、それもまだ実験段階に過ぎず、実戦配備にはまだ時間がかかる。セイレネスに関してはホメロス社の方が一段上の技術を持っていると思っていたが、アイスキュロス重工の方が上になっていたのか?


 イザベラは少なからず混乱している自分に気付く。思わずポケットを探ろうとして、今の自分がではなかったことを思い出して苦笑した。


「笑ってもいられないか」


 イザベラは意識を駆逐艦の上に固定したまま、観察を続ける。そして短く言った。


「エディタ、緊急事態だ」

『……と、おっしゃいますと?』

「セイレネス搭載駆逐艦、十隻」

『え……?』


 エディタは絶句する。


「すまないがエディタ。指揮権を返してもらうよ。バックアップに回ってくれ」

『承知です!』


 肩の荷が下りたと言わんばかりに、エディタは応じた。イザベラは小さく吹き出して、意識の中で肩を竦めた。


「V級全員で、わたしが今から指定するターゲットを一撃してくれ」

『了解です』


 全員の声が揃う。イザベラはそれぞれに対象艦船を割り振り、号令を下す。敵の駆逐艦はそれを待っていたかのように全速力で突進を開始する。エディタたちの重巡や軽巡もまた前に出る。火力ではエディタたちが圧倒していた。だが、アーシュオンのその異様な駆逐艦たちは圧倒的に正確な同調攻撃を仕掛けてきているため、どちらが有利とも言えない状態だった。


 通常火力の遥か外から、双方が砲火を放ち合う。それはお互いの艦を大なり小なり傷付けていく。C級たちの火力もまたそこに加わったが、アーシュオンも通常艦船がそこに加勢する。セイレネスによって射程を延伸された主砲弾や、異常な機動性を持ったミサイルが次々と撃ち込まれていく。


「互角か」


 イザベラは舌打ちすると、意識をセイレーンEM-AZに戻す。


「艦長、火器管制!」

『イエス・マム。ファイアコントロール・ユーハヴ』

「アイハヴ!」


 イザベラの意識が艦の火器管制システムと同調する。全ての火器が自らの身体の一部になったかのような感覚になる。


「艦首PPC粒子ビーム砲展開!」


 セイレーンEM-AZの装甲が展開して、その艦首から巨大な三連装砲身が姿を現した。艦の出力の大半がその基部へと集中していく。館内の照明も、電子機器の類も、最低限を残して落とされる。


反射誘導装置パーティクルリフレクター、展開用意! モジュール・エコー発動 アトラクト! 対象ターゲット捕捉ロック完了。粒子加速度アクセラレーション――最大値到達確認」


 その間に、セイレーンEM-AZの超巨体は、艦隊の先頭に躍り出ている。海を引き裂く白銀の城が低く唸り始める。空間が撓み、薄緑色に輝き始める。


反射誘導装置パーティクルリフレクター、展開。エネルギー充填率許容限界到達。予備照射開始」


 目標への誘導確認――完了。


 イザベラは目を細める。


「セイレネス最大出力維持キープマキシマム! 反射誘導装置パーティクルリフレクター再設置リポジション……完了!』


 イザベラは一つ深呼吸をして、そして目を見開いた。


『PPC、射撃開始ディスチャージ!」


 午後の空を打ち破るかのような閃光が迸る。雷鳴のような音を立てて放たれた光は、途中で無数に枝分かれした。その光線一本一本が艦船を一撃大破させるだけの破壊力を持っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます