#17:手段と宣言

#17-1:in the darkness

ブラインドネス

 年が明け、暦が二〇九八年に切り替わった頃――。


 アーマイア・ローゼンストックは、バルムンクの作り出した闇の中にあった。じっと佇むアーマイアの視線の先には、銀髪の青年――ジョルジュ・ベルリオーズが後ろ手を組んで立っている。ベルリオーズは左目を赤く輝かせながら、アーマイアの表情を興味深げに観察している。


「ほんとうに、よろしいのですね、これで」

「君が」


 ベルリオーズは小さく頷いた。


「君がそう言うのなら、そうだろうね。でも――」

「でも?」

は、反対するだろうね」

「いいえ」


 アーマイアは明確に否定した。ベルリオーズは「ほう?」と目を細めた。その口元には微笑がある。


「折り合いはついております。私たちの最終的な目的は同じ。手段が異なるだけですから。過程の問題など、些細な事柄です」

「さて、その真偽はさて置き。それにしても、よくもここまでの化け物を考え付いたものだよ。この僕にでさえ、この最適解には辿り着けなかったよ、アーマイア」

「目的のためです」


 皮肉に対し、アーマイアは冷然と応じる。そして無表情に続けた。


「手段は選びません」

とは、真に恐ろしいものだね」


 ベルリオーズは冷たくう。その両目がすっと細められる。


「僕が創ったのはARMIAだ。そして君とマリアはそこから勝手に発生エマ―ジェンスした人格ペルソナに過ぎない。だけど、その継承元オリジンは全て、僕とジークフリートの創り出した意識のようなものだ」

「存じております」


 アーマイアは「そんなこと」と言わんばかりに低い声で応じ、少し早口で続ける。


「それでは、を開始します」

「君たちには命の倫理という概念がないようだね」


 ベルリオーズは、ふふ、と笑う。アーマイアは無表情にベルリオーズを見つめ、首を振った。


「そんなものは、継承元オリジンにもありませんでしたが」

「マリアにはある」

「そうでしょうか」

「ほう?」


 ベルリオーズは顎に手をやって、アーマイアを促す。


「マリアは二人のディーヴァに共鳴レゾネイトしているに過ぎません。その結果、二人の感情や意識が作用して、マリアの中にたまたまを生み出したに過ぎないのです。その感情も、倫理も、全てが借り物。まがい物に過ぎません」

「ふむ」


 興味深い、と、ベルリオーズは呟いた。


「人間とは斯くいうものだとは思うのだけれどね」

「理解し難いことです」


 アーマイアはそう言って話題を打ち切り、消えた。闇の中にベルリオーズが独り、残される。


「……だそうだよ」


 肩を竦めてベルリオーズは言う。すぐにその目の前に、銀と金の炎が上がる。


「娘に嫌われる父親の気持ちがわかった?」


 銀の炎からそんな声が聞こえてくる。ベルリオーズは小さく笑う。


「なかなか良いボディブローになったよ。もう少し素直な子になるように設定していたつもりなのに。とかいう女が悪いんじゃないか?」

「あら、それは心外。私はあの子の人格なんて問題にしていないわ。ただ、状況を見ているだけよ」

「どんな事を囁いているのかまでは僕にはわからないけれど」


 ベルリオーズは目を伏せ、首を振る。


「でもまぁ、世界が君たちという頸木くびきから解き放たれる日も、遠くはないんじゃないかな」

「そうかしら?」


 揶揄するように、銀の炎はゆらゆらと揺れる。


「もしそうだとしても、私たちには面白いのよ」

「そう。なら、結構なことだよ」


 ベルリオーズは右手を軽く振った。


 世界が闇に落ちた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます